ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
26/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている26ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

鍼灸健康福祉コース社会福祉学部 スポーツ健康福祉学科●基礎科目/1年次を中心に「QOL概論」や「人間の尊厳」、「社会福祉の基礎」といった社会福祉学部の必修科目を学びます。また、英語や情報処理、心理学や経済学、キャリア関連の科目などを選択履修し、社会人基礎力の土台を養っておくのも大学ならではの学びです。ボランティア活動も単位認定されるため、取り組む学生は少なくありません。●専門教育科目/1年次の基礎から2年次の発展、3年次の応用、4年次の実践へ、段階的に学習していくことで、鍼灸師としての専門的な知識と技術が着実に身についていきます。スポーツ系やアスレティックトレーナーに関する選択科目も数多く、鍼灸師としての治療院勤務や開業はもちろん、病院や福祉施設、スポーツクラブなどでの活躍もめざせます。東洋医学やスポーツと共に健康福祉の領域も学んだ鍼灸師として社会での幅広い活躍をめざしますこういうことを勉強します●国家試験受験資格が得られる資格・免許◎認定試験受験資格が得られる資格・免許○卒業時に得られる資格・免許(*任用資格)●はり師・きゆう師◎健康運動指導士◎健康運動実践指導者◎アスレティックトレーナー◎スポーツプログラマー◎アシスタントマネージャー○スポーツリーダー○障害者スポーツ指導者 (初級)○社会福祉主事*取得できる資格・免許学生たちの実践力を高める「はり灸診療所」での鍼灸臨床実習スポーツ健康福祉学科冨田 賢一担当科目・専門分野/臨床灸実技 東洋医学臨床論スポーツと鍼灸と福祉3つの学びを“強み”にし目標を実現していこう!!■ 河原崇了さんの2年次の時間割(前期)3245Mon Tue Wed Thu Fri1将来はプロチームのトレーナーになりたいと考え、その近道となる鍼灸師とAT*の資格取得をめざして学んでいます。但し鍼灸や健康福祉の勉強は、まったく未知の領域ですから、着実に知識と技術が身についているのは、先生方の手厚い指導のおかげに他なりません。その結果、患部だけでなく、全身的な治療や予防を行う東洋医学の奥深さを知ることができ、学ぶ意欲も高まる一方です。*アスレティックトレーナー鍼灸師とAT*のスキルを土台にプロチームのトレーナーをめざしますスポーツ健康福祉学科・鍼灸健康福祉コース3年河原 崇了さん武雄高等学校(佐賀県)出身運動器の解剖と機能Ⅰ臨床医学総論Ⅰ健康管理とスポーツ医学アスレティックトレーナー概論基礎演習Ⅲ臨床灸実技Ⅰ経絡経穴学Ⅲ国際保健福祉論スポーツ演習Ⅴ(水泳)情報処理演習スポーツ心理学Ⅰ身体の働きⅠ解剖学Ⅱ保健医療サービス論生活保護制度生涯スポーツ論生理学臨床針実技Ⅰ2015年5月、キャンパス内に大学附属「はり灸治療所」がオープンしました。既に地域の方々の多くが来院してくださっており、鍼灸健康福祉コースの学生たちも問診や徒手検査をはじめ、カルテ記載や鍼灸治療の補助などを行っています。このような臨床を通じて、実際の鍼灸治療の流れや手技を学ぶことで、学生たちの学習意欲や実力も日増しに向上しています。また、医療人としての心構えや倫理観、患者さんたちに寄り添う態度も学習することができ、卒業後の実践に向けて、学生たちは自信を深めています。学習の場であることはもちろん、九保大がめざす地域貢献のための施設として、今後への期待も高まる一方です。2015 年5月社会福祉学部保健科学部薬学部生命医科学部dataめざす仕事治療院の鍼灸師プロチームのトレーナー取得をめざす資格はり師・きゅう師アスレティックトレーナー卒業研究のテーマ遅発性筋痛に対する経筋治療とその成果生活スタイルひとり暮らし所属する部活アスレティックトレーニング部専門教育科目Curriculum1年次2年次3年次4年次※平成28年度入学生用カリキュラムのため変更になる場合があります。※アスレティックトレーナー関連科目は卒業要件の単位に含まれません。注目の授業ツボを学ぶ!『経絡経穴学(けいらく・けいけつがく)』身体に約360個ある「ツボ(=経穴)」。講義では、ツボの正確な位置や効果について学びます。経穴を知っていると色々な場面で役立ちますよ。●必修科目 ●鍼灸健康専門科目 ?スポーツ健康専門科目 ●選択科目基礎科目●英語Ⅰ●英語Ⅱ●情報処理入門●キャリア教育●コミュニケーション論●QOLと人間の尊厳●日向国地域論●ボランティア活動●中国語Ⅰ●中国語Ⅱ●哲学●人間論●音楽●情報処理演習●国際保健福祉論●英語コミュニケーション●倫理学●美術●日本国憲法●経済学●地域人権支援論●インターンシップⅡ●インターンシップⅢ●基礎統計学●健康科学論●インターンシップⅠ●生物学●生理学●生涯スポーツ実習Ⅰ●生涯スポーツ実習Ⅱ●社会福祉の基礎●基礎演習Ⅰ●基礎演習Ⅱ●医学概論●東洋医学概論Ⅰ●東洋医学概論Ⅱ●経絡経穴学Ⅰ●経絡経穴学Ⅱ●社会学 ●心理学●人体の構造と機能及び疾病●児童や家庭に対する支援と 児童・家庭福祉制度●障害者に対する支援と 障害者自立支援制度●高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ●高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅱ●相談援助の基盤と専門職Ⅰ●相談援助の基盤と専門職Ⅱ●現代社会と福祉Ⅰ ●現代社会と福祉Ⅱ?バイオメカニクス ●解剖学Ⅰ?スポーツ原理 ?スポーツ健康福祉論?健康スポーツ実習Ⅰ?スポーツ実習Ⅰ(器械体操)?スポーツ実習Ⅲ・(屋内球技)?スポーツ実習Ⅷ(野外スポーツ実習)●低所得者に対する支援と生活保護制度●地域福祉の理論と方法・Ⅰ●地域福祉の理論と方法Ⅱ●社会保障・Ⅰ ●社会保障Ⅱ?健康スポーツ実習Ⅱ?スポーツ実習Ⅱ(屋外球技)?スポーツ実習Ⅳ(陸上)?スポーツ実習Ⅴ(水泳)?スポーツ実習Ⅵ(ダンス)?スポーツ実習Ⅶ(柔道)●臨床医学総論Ⅰ●臨床医学総論Ⅱ●臨床医学各論Ⅰ●経絡経穴学Ⅲ●東洋医学臨床論Ⅰ●臨床鍼実技Ⅰ●臨床鍼実技Ⅱ●臨床灸実技Ⅰ●臨床灸実技Ⅱ?スポーツ心理学Ⅰ?スポーツ心理学Ⅱ?スポーツ栄養学Ⅰ?運動生理学?体力学?運動器の解剖と機能Ⅰ?運動器の解剖と機能Ⅱ●解剖学Ⅱ●解剖学Ⅲ●身体の働きⅠ●身体の働きⅡ●病理学概論?教育原論●スポーツ健康福祉学演習Ⅰ●スポーツ健康福祉学演習Ⅱ●臨床医学各論Ⅱ●臨床医学各論Ⅲ●鍼灸理論●東洋医学臨床論Ⅱ●東洋医学臨床論Ⅲ●物理療法学●臨床鍼実技Ⅲ●臨床鍼実技Ⅳ●臨床灸実技Ⅲ●臨床灸実技Ⅳ●臨床鍼灸実習Ⅰ・(治療所)●スポーツ健康鍼灸学?運動処方論?体力学演習?健康スポーツ現場実習?高齢者・障害者スポーツ実習?健康運動指導論Ⅰ?スポーツ社会学?運動学?発育発達と老化?スポーツ医学Ⅰ?スポーツ医学Ⅱ?公衆衛生学●衛生学・Ⅰ・Ⅱ?スポーツファーストエイド●リハビリテーション?学校保健?教育心理学?教育相談●スポーツ健康福祉学演習Ⅲ●スポーツ健康福祉学演習Ⅳ●卒業研究Ⅰ ●卒業研究Ⅱ●臨床医学各論Ⅳ ●東洋医学臨床論Ⅳ●社会鍼灸学 ●臨床鍼実技Ⅴ●臨床鍼実技Ⅵ ●臨床灸実技Ⅴ●臨床灸実技Ⅵ●臨床鍼灸実習Ⅱ・(治療所)?生活習慣病予防学?健康運動指導論Ⅱ?健康運動指導論Ⅲ?スポーツ栄養学Ⅱ?スポーツ科学?トレーニング科学?アダプテッドスポーツ論?スポーツマネジメント?トレーニング論?コーチング論注目検査・測定と評価Ⅱ予防とコンディショニングⅠ・ⅡアスレティックリハビリテーションⅠアスレティックトレーナー実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳアスレティックトレーナー概論スポーツ外傷・障害の基礎知識Ⅰ・Ⅱ健康管理とスポーツ医学検査・測定と評価Ⅰ予防とコンディショニングⅢアスレティックリハビリテーションⅡ・Ⅲアスレティックトレーナー実習Ⅴ・Ⅵアスレティックトレーナー関連科目24 人を支える人になろう | The Person Support Person 25