ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
40/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

日常生活を取り戻す作業療法士という“ 人を支える人”を育みます保健科学部作業療法学科本学の作業療法学科は「WFOT(世界作業療法士連盟)」の認定校です。この認定を受けるには、厚生労働省が定める諸規定よりも厳しい基準の教員数、カリキュラム内容、実習時間などをクリアする必要があります。作業療法士の資格取得(国家試験の合格)はもとより、よりハイレベルなスキルの修得をめざし、学びに打ち込んでみませんか。取得できる主な資格・免許と活躍の場●国家試験受験資格が得られる資格・免許・◎認定試験受験資格が得られる資格・免許・○卒業時に得られる資格・免許(*任用資格)「WFOT(世界作業療法士連盟)」の認定カリキュラムによりよりハイレベルなスキルと専門性の修得をめざすことが可能ですTopics“ おてんば”だった子どもの頃、木から落ちて骨折したとき、リハビリを優しく手伝ってくださったのが作業療法士の方でした。その記憶が進路選択時に蘇り、今は作業療法士をめざして学んでいます。解剖学や生理学など、難しい科目も多いのですが、まったく新しい知識が増えるうれしさもいっぱいです。レクリエーションのスキルも身につけ、楽しく支援してあげられる作業療法士という目標に向かって、今後も笑顔を欠かさず頑張ります!!作業療法学科3年尾崎 希さん延岡高等学校(宮崎県)出身医療系の国家資格を取得したいと考え、硬式野球の経験が活かせると感じた作業療法士を選びました。しかし高校では文系だったこともあり、当初は基礎医学の勉強に苦労しましたが、先生方の熱心な指導のおかげで、今は楽しく学べています。まだ先のことですが、卒業後の目標は地元・延岡の総合病院に勤め、地域医療に貢献すること。九保大の保健科学部では他学科の学生と“チーム医療”を疑似体験できるので、とても心強く思っています。作業療法学科2年加藤 諒輔さん延岡高等学校(宮崎県)出身●作業療法士○レクリエーション・インストラクター脳機能や精神疾患、発達障害・身体障害を抱える人を主対象に、社会適応能力の回復・向上・維持をめざし、医師の指示による指導を行うための国家資格。主に体躯や筋肉の回復のための訓練を提供する理学療法士と異なり、日常生活の行動・作業に即したリハビリテーションを支援する。総合病院(リハビリテーション科など)精神科病院老人保健施設高齢者福祉施設老人保健施設・特別養護老人ホーム・デイケアセンターなど身体障害者福祉施設福祉・介護・リハビリ機器関連企業病院で「OT」と呼ばれる作業療法士が対象とする主な疾患に、脳卒中や脊髄損傷などがあります。これらは理学療法士(PT)と重複することも少なくありませんが、精神障害領域(心の病)も対応するのが、作業療法士の特長です。特に統合失調症やうつ病、認知症、学習障害、アスペルガー症候群など、精神機能や認知機能のリハビリテーションは、作業療法士が主に関わります。つまり身体障害だけでなく、精神障害や発達障害にも向きあい、その人らしい生活が過ごせるよう、治療・援助・指導していくことができるのも作業療法士ならではです。※これらの業務はすべて医師の指示によって行います。臨床での作業療法士(OT / Occupational Therapist)心と身体と生活の回復を総合的に支援身体障害領域精神障害領域発達障害領域老年期障害領域第51回(平成27年度)作業療法士国家試験91.7% 本学新卒合格率●写真の学生/作業療法学科の3年生たち阿部 博文さん 杵築高等学校(大分県)出身 奥村 涼太さん 高鍋高等学校(宮崎県)出身 小林 茉代さん 門川高等学校(宮崎県)出身 馬場園 怜央さん 伊集院高等学校(鹿児島県)出身 原 あゆみさん 武蔵台高等学校(福岡県)出身 日浦 大樹さん 高鍋高等学校(宮崎県)出身牧野 智央さん 延岡商業高等学校(宮崎県)出身 松田 隼門さん 鹿屋中央高等学校(鹿児島県)出身 山城 愛莉さん 八重山高等学校(沖縄県)出身 ※教員/田中 睦英●写真の施設/作業療法によって治療・援助・指導する対象者の機能や能力、障害像を明確にするための方法を学ぶ「評価実習室」。作業療法学科の教育目標は、作業療法士国家試験合格のもっと先にあります。少子高齢化に伴う介護の問題、うつ病による自殺、障害者の雇用問題など、単に病気や障害への対応だけでは自分らしく生きていく事が難しいほど、生活困難の様が多様化しています。作業療法はどのような状況に置かれても、常に心と身体のバランスに目を向け、その人らしく生きていく事を医療・福祉の側面から支えていきます。本学では、入学後の医学の基礎科目から4年次の卒業研究までを通して自ら考える力を高め、「たとえ障害があったとしても自分らしく生きてゆける」患者さんの幸せをプロデュースできる能力(知識・技能・思考力・態度)を身につけることができます。「たとえ障害があったとしても自分らしく生きていくことの幸せ」をプロデュースできる能力を身につける九保大だから学べる38 人を支える人になろう | The Person Support Person 39