ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
50/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている50ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

医療・福祉 100%就職先区分2016年3月卒業生視機能療法学科保健科学部●基礎科目/1年次を中心に「QOL概論」や「人間の尊厳」、「医学概論」や「健康科学論」といった大学・学部共通科目を学びます。また「医療英語」や「情報処理」、「医療経済学」や「心理学」を学習、医療人としての素養を豊かにしておくのも大学ならではです。ボランティア活動も単位認定されるため、取り組む学生は少なくありません。●専門教育科目/1年次の基礎から2年次の発展、3年次の応用、4年次の実践へ、段階的かつ体系的に修得・学習していくことで視能訓練士としての専門的な知識と技術を着実に身につけ、国家試験の合格を確実にしていきます。その間、眼科検査に不可欠なコミュニケーション能力を高めつつ、学内外での実習に繰り返し取り組み、臨床での実践力を養います。高まり続ける社会のニーズと期待に応え先進の眼科治療から“視能の健康管理”まで広く担える多様なスキルと豊かな人間性もつ視能訓練士を養成しますこういうことを勉強します注目の実習4年間での“実践力”養成を裏づける抜群の就職実績!!主な就職先●宮崎大学医学部附属病院●九州大学病院●名古屋大学医学部附属病院●山口大学医学部附属病院●慶明会 宮崎中央眼科病院●おざきメディカルアソシエイツ 尾﨑眼科●稲原眼科医院●くぼた眼科●柊山医院●明和会 宮田眼科病院●明和会 鹿児島宮田眼科就職率100%2016年3月卒業生●国家試験受験資格が得られる資格・免許◎認定試験受験資格が得られる資格・免許○卒業時に得られる資格・免許(*任用資格)●視能訓練士取得できる資格・免許視機能療法学科齋藤 真之介担当科目・専門分野/視能検査学 視能リハビリテーション 視能専門ゼミ 検査学 スポーツ視覚自身が近視だったこともあり、視能訓練士の存在を知って以来、ずっと興味をもっていました。入学後、勉強の難しさは想像以上でしたが、眼科医を支えるための知識と技術が身につく実感があり、充実した毎日になりました。また、学ぶ過程で成長期における視機能の発達の重要性に気づき、今は視機能障害の早期発見・早期治療につながる“3歳児眼科健診”をテーマとする卒業研究に打ち込んでいます。この研究はライフワークになる予感もあり、卒業後は大学病院の眼科に勤め、検証し続けたいと思っています。視機能の発達を専門的に学修し幼児の視機能障害を早期発見してあげたい視機能療法学科4年岡元 麻衣さん延岡星雲高等学校(宮崎県)出身学習はハードだけれど将来が確かな視能訓練士をめざして共に頑張ろう!!●鹿児島市立病院●藤栄会 いぢち眼科●孟和会 岸眼科●大塚眼科医院●出田会 出田眼科病院●潤心会 熊本セントラル病院●上天草市立 上天草総合病院●唐津赤十字病院●光咲会 吉永眼科クリニック●研英会 林眼科病院●朝倉医師会 ひろき眼科●下関市立 豊田中央病院●山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院●ひかり会 木村眼科内科病院●京都山城総合医療センター●かとう眼科クリニック●同潤会 眼科杉田病院●中村眼科●恵愛会 聖隷富士病院●医療法人社団 東京みどり会●医療法人 よしたけ眼科●熊本赤十字病院●しのだ眼科社会福祉学部保健科学部薬学部生命医科学部dataめざす仕事大学病院の視能訓練士取得をめざす資格視能訓練士卒業研究のテーマ3歳児眼科健診の実態調査生活スタイル自宅から通学(クルマで30分)専門教育科目Curriculum1年次2年次3年次4年次※平成28年度入学生用カリキュラムのため変更になる場合があります。眼科での実践の土台をつくる「視能検査学総合実習Ⅱ」視能訓練士が眼科で担う役割と責任を理解し、病態の評価や治療に結びつく専門性の高い技能を修得するための授業。主要な眼疾患を想定したシミュレーション実習を通じて、症例に応じた検査や訓練、治療に関する計画立案から実施、評価に至るまでの基本的な知識と技術を修得していきます。●必修科目 ●選択科目基礎科目●英語Ⅰ●英語Ⅱ●情報処理入門●コミュニケーション論●QOLと人間の尊厳●日向国地域論●ボランティア活動●保健科学●医学概論●生命倫理学●医療経済学●健康科学論●生涯スポーツ論●生涯スポーツ実習●医療英語●社会福祉学●哲学●社会学●生物学●心理学●情報処理演習●キャリア教育●国際保健福祉論●医療統計学演習●英語コミュニケーション●教育学●解剖学●生理学●病理学●基礎医学演習●視能学基礎演習Ⅰ●視能学基礎演習Ⅱ●視器の解剖生理学演習●屈折学基礎演習Ⅰ●保健・医療・福祉と関係法規●視能障害学Ⅰ●基礎ゼミⅠ●基礎ゼミⅡ●臨床心理学●発達心理学●内科学●公衆衛生学●臨床医学●屈折学基礎演習Ⅱ●屈折学評価実習Ⅰ●屈折学評価実習Ⅱ●外眼筋の作用と眼球運動●両眼視の基礎●視覚生理学●斜視・弱視の基本的知識●視能検査学実習Ⅰ●視能検査学実習Ⅱ●視能障害学Ⅱ●視能障害学Ⅲ●基礎ゼミⅢ●保育●リハビリテーション概論●眼科薬理学●視能検査学実習Ⅲ●視能検査学実習Ⅳ●視能検査学総合実習Ⅰ●視能検査学総合実習Ⅱ●視能障害学Ⅳ●視能リハビリテーション学演習●視能矯正・訓練学演習Ⅰ●視能矯正・訓練学演習Ⅱ●屈折学各論実習Ⅰ●屈折学各論実習Ⅱ●専門ゼミⅠ●専門ゼミⅡ●視能学総合演習Ⅰ●屈折学特論演習●臨地実習Ⅰ●臨地実習Ⅱ●専門ゼミⅢ●視能学総合演習Ⅱ■岡元麻衣さんの3年次の時間割(前期)Mon Tue Wed Thu Fri12345視能検査学実習Ⅲ屈折学各論実習・Ⅰ視能矯正・訓練学演習・Ⅰ視能リハビリテーション学演習視能検査学総合実習・Ⅰ保育眼科薬理学専門ゼミ・Ⅰ視能障害学Ⅳ48 人を支える人になろう | The Person Support Person 49