ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
58/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている58ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

臨床や地域に寄り添う薬剤師という“ 人を支える人”を育みます薬学部薬学科(6年制)九保大の薬学科は国家試験の合格率が抜群に高く、迷うことなく進学を決めました。但し入学後は国試合格だけでなく、薬学の知識を幅広く備えた実践力ある薬剤師になることを目標に勉強しています。大切にしているのは、自ら調べる習慣を身につけること。自習室も遅くまで使えるので毎日のように居残り、予習・復習に励んでいます。卒業後は調剤薬局に勤め、地域の方々から気軽に健康相談される薬剤師になりたいと思っています。薬学科6年一政 エリナさん宮崎日本大学高等学校(宮崎県)出身取得できる主な資格・免許と活躍の場●国家試験受験資格が得られる資格・免許・○卒業時に得られる資格・免許(*任用資格)地域基幹病院などに勤務し、チーム医療の場で活躍する薬剤師をめざしています。それには薬学や医療全般に関する知識はもちろん、患者さんのバイタルサイン*(生体情報)を読みとる臨床力も必要です。その点、九保大の薬学科ではシュミレーターロボットを使ったベッドサイド実習などを行うため、現場に則したスキルが身につけられます。先生方の指導も手厚く、医療人に不可欠な豊かなコミュニケーション能力が養われている実感もあります。薬学科6年杉本 有紀さん真和高等学校(熊本県)出身●薬剤師○食品衛生管理者* ○食品衛生監視員*「調剤・医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって国民の健康な生活を確保する」と、薬剤師法に定められた国家資格。近年、薬剤の選択や投与の量・方法・期間等について、医師へ積極的に提案することが求められており、チーム医療の担い手としての役割は増す一方。在宅医療やセルフメデュケーションでのヘルスアドバイザー、製薬会社の医薬情報担当職(MR)などとしてのニーズも高い。病院診療所保険薬局行政監視指導試験検査啓発活動など医薬関連企業医薬情報担当職・創薬研究職など本学薬学科では、「患者ロボットを用いた模擬ベッドサイド実習」などを全国に先駆けて導入し、薬効評価と副作用防止の推進を目的に“患者さんのバイタルサイン*(生体情報)が読み解ける薬剤師”を育成しています。この臨床に即した独自の取組は、文部科学省の教育支援プログラム「医療人GP」に採択され、全国の薬学教育の模範として高く評価されています。*バイタルサインとは……生命に危険が迫っていないかを判断するための指標となる基本的な生体情報。意識、脈拍(心拍数)、血圧、呼吸、体温など。精巧な患者ロボットを用いた「ベッドサイド実習」などにより患者さんのバイタルサイン*が読める薬剤師を育成していますここがポイント!!向精神薬取扱責任者 製造業の責任技術者 薬事監視員医薬部外品・化粧品または医療機器の製造販売業の総括製造販売責任者 麻薬管理者 環境衛生指導員 検疫委員 衛生管理者船舶に乗り込む衛生管理者 外国製造医薬品等の国内管理人薬剤師免許を取得すると次の業務の資格も取得できます薬剤師の養成課程が6年制となった背景には、医薬品に関して最も詳しい知識をもつ専門家への社会的ニーズがあります。また、そこには臨床での病態観察に基づく服薬指導や薬効評価をはじめ、薬剤の副作用防止など安全性の向上を薬剤師が医師と共に担うことで、医療の質と安全性をさらに高めるという狙いもあります。※保険薬局での予防医学の実践や服薬相談など、地域に密着した保健活動も薬剤師に求められています。本学の薬学科は、これらの社会的ニーズを教育の柱としており、バイタルサイン*(生体情報)を読む能力を備えるなど、“臨床に強い”薬剤師の養成に努めています。6年制課程への社会的ニーズ?臨床に強い薬剤師の養成6年制課程・薬剤師に求められる業務治験のコーディネート患者および医療スタッフへの医薬品情報提供セルフメディケーションサポート薬物療法の提案バイタルサイン*のチェック等を伴う薬効や副作用等の評価ガンや感染制御などの専門薬剤師へ第101回薬剤師国家試験 新卒合格者全国ランキング73校中第4位!第1期卒業生から2015年度まで薬剤師国家試験において毎年全国平均を上回る好成績!!九州保健福祉大学薬学科の第1期卒業生から今年平成28年3月までの卒業生が臨んだ第92?101回薬剤師国家試験の新卒合格率は、97.5%(全国平均:85.6%)、92.2%(86.3%)、97.1%(84.8%)、99.0%(95.3%)、92.4%(83.6%)、87.3%(70.5%)、93.4%(72.7%)および98.6%(86.2%)であり、4年制から6年制移行の空白期(第95、96回)を除いて、毎年全国平均を大きく上回っています。今年の第101回薬剤師国家試験では、新卒合格率において全国国公私立73大学中、第4位の成績です。本学薬学科の開学から今年3月までの卒業者数は1010名となりますが、卒業生の96.3%(973名)は薬剤師となって医療現場等において活躍しています。入学者数1286名でみますと、入学者の75.7%が薬剤師となっており、本学薬学科は、薬剤師国家試験合格に最も近い大学のひとつとなっています。この結果は、本学薬学科学生の高いモチベーションとたゆまぬ努力、そして教員の熱意・教育力および保護者の皆様との連携の賜物であります。今後もさらに教育力を高め、「一人でも多く卒業させ、一人でも多く有能な信頼される薬剤師とする!」を目標に一層努力してまいります。全国4位(73校中)●写真の学生/薬学科の6年生瑞慶覧 長海さん 向陽高等学校(沖縄県)出身 山尾 みなみさん 延岡学園高等学校(宮崎県)出身 ※教員/日髙 宗明●写真の施設/病院で処方される実際の医薬品を使い、学内臨床実習を行うための模擬病院薬局。電子化された処方せんへの対応、調剤した医薬品の分包等の設備も病院そのもの。平成22年度 厚生労働省医政局長通達/薬剤師は薬剤選択、投与量、投与方法、投与期間等について、医師に対し、積極的に処方を提案すること。具体例として薬物療法を受けている患者に対してフィジカルアセスメント、回診・カンファレンスへの参加を通じて患者の状態を把握すること。平成24年度 診療報酬改定 病棟薬剤業務実施加算/薬剤師が病棟で医師らの負担軽減及び薬物療法の有効性・安全性の向上に資する一定の病棟薬剤業務を実施することで加算。平成26年3月 臨床検査技師法改定/患者の自己採血を条件に、薬局で、血糖値、ヘモグロビンA1C、血中コレステロール等の血液検査を実施し、薬剤師が薬効や副作用の確認、健康指導などを行えるようになった。薬剤調製服薬指導作用・副作用の評価フィジカルアセスメント従来(4年制の時代)の仕事これからの薬剤師の仕事処方・投与方法の提案6年制薬学教育に求められるもの薬剤調製製剤薬剤情報患者指導・など処方?病態理解患者観察患者インタビュー検査バイタル病態?処方・投与方法の提案薬学科の教育目標は、薬剤師国家試験合格のさらに先にあります。現在、薬物療法の高度化により、チーム医療の中で「薬の専門家」としての薬剤師の重要性が益々高まっています。また、現在の薬剤師は患者さんのフィジカルアセスメント(実際に患者さんの身体に触れながら、薬の効果や副作用の早期発見を行うこと)などを実施して最良の薬物療法を医師に提案することが求められています。本学では、入学後の基礎科目から5,6年次の卒業研究までを通して、広い視野で自ら考え、適正で安全な薬物療法を通して、患者さんの幸せをプロデュースできる能力(知識・技能・思考力・態度)を身につけることができます。「適正で安全な薬物療法」を支え患者さんの幸せをプロデュースできる能力を身につける九保大だから学べる56 人を支える人になろう | The Person Support Person 57