ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
6/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

勤務する「延岡市医師会病院」では薬剤師の意見が重要視されており、治療の最適化に向けた医師への処方提案は日常的に求められます。また、外来に関しては院外処方を主にし、私たち院内薬剤師は日々病棟をまわって服薬の状況確認や指導をしています。さらに、注射や点滴などをふくむ薬物療法の安全性を高めるのも薬剤師の仕事であり、看護師の方々に向けた薬剤教育も行なっています。こうした業務には“臨床に強い薬剤師を育てる”という九保大・薬学科の教育方針が大いに役立っています。今後も病棟で患者さんたちに寄り添うと共に、在学中に身につけた“学ぶ習慣”を活かし、修得した新薬等の知見を臨床にフィードバックしていきます。Special Report  九保大で育った10人のスペシャリストたち薬剤師の意見が重要視されている病院で治療の最適化に向けた医師への提案や患者さんへの服薬指導などをしています薬剤師延岡市医師会病院(宮崎県延岡市)勤務茂 亨嘉さん九州保健福祉大学 薬学部 薬学科2012年3月卒業延岡東高等学校(宮崎県)出身インターハイ出場を目標に、ハンドボールに打ち込む高校生でした。薬剤師という職業については、幼い頃から将来は医療系の仕事に就きたいと思っていたこともあり、進路選択時にめざすことを決めました。化学が好きだったことに加え、地元・延岡にある九保大の薬剤師国試合格率が例年、抜群の好成績だったのも決め手のひとつになりました。入学早々から国試を意識し、懸命に勉強する毎日でした。また、5年次に行なった地域基幹病院での実務実習では医師をサポートしつつ、臨床で患者の方々に寄り添っておられる薬剤師の方と出会い、今につながる目標を得ることができました。それまでは調剤薬局を活動の場に考えていたので、あの実習が“人生の転機”だったように思います。高校生のころ今のこと九保大生のころこのスペシャリストにつながる学科●薬学科 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.56動画も見てみよう!!0104 人を支える人になろう | The Person Support Person 05