ブックタイトル九州保健福祉大学 大学案内2017

ページ
64/100

このページは 九州保健福祉大学 大学案内2017 の電子ブックに掲載されている64ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

九州保健福祉大学 大学案内2017

動物に関する生命科学を通じて“ 人を支える人”を育みます薬学部動物生命薬科学科平成23年度・24年度・26年度動物看護師統一認定試験合格率100%取得できる主な資格・免許と活躍の場●国家試験受験資格が得られる資格・免許・◎認定試験受験資格が得られる資格・免許・○卒業時に得られる資格・免許(*任用資格)勉強を始めるまで、実験動物技術者のことはよくわかっていませんでした。でも実験動物であるマウスやラットが、医学や創薬の進歩を支えていることを学びました。今は実験動物技術者としての学びを深めつつ進路を見定めようと思っています。動物生命薬科学科4年古川 聡子さん都城泉ヶ丘高等学校(宮崎県)出身動物生命薬科学科は薬学部であるため、薬理学などを深く勉強します。その結果、薬学や獣医療の基礎知識が養え、進路選択の幅も広がります。私自身、めざしているのは動物看護師ですが、創薬などに必要不可欠な実験動物技術者への関心も高まっています。動物生命薬科学科3年梶原 かおりさん昭和学園高等学校(大分県)出身◎認定動物看護師◎実験動物技術者(1級・2級)○学芸員*○食品衛生監視員*○食品衛生管理者*動物病院において診療する獣医師の補佐のほか、病気や障害をもつ動物の援助、動物の健康増進を目的とした飼い主への教育を行う専門職です(下記Topics参照)。医・薬・獣医系の大学、動物生産企業、動物実験受託機関、製薬企業などの実験動物施設において、実験動物の研究に技術的な面から携わる専門職です。博物館で資料の収集・展示や研究・教育を行う専門職です。法的には、動物園や水族館も博物館です。動物病院行政(畜産職・衛生職など)動物園・水族館牧場動物実験受託企業食品メーカー第6次産業型企業(Topics参照)農業である第1次産業、食品加工業である第2次産業、農畜産物やその加工品を販売する第3次産業、これらを同じ、または同系列の企業が行う産業を「第6次産業*」と呼びます。*第1次+第2次+第3次と足し算しての「第6次産業」です。この「第6次産業」には“農場から食卓まで”の間で利益を得る別の企業や“競り”がないため、農産物・食品の価格が下がり、国の内外で外国産との価格競争に参画できます。それもあって、政府はこれを日本の成長戦略のひとつとして注力しています。なお食肉や牛乳、卵の場合、牧場などが第1次産業、食肉処理場などが第2次産業、スーパーやコンビニ、ネット販売などが第3次産業です。動物生命薬科学科では4年間にわたって動物を飼育するため、第1次産業に必要な“動物管理のプロ”がめざせます。また、第2次・第3次産業で必要とされる食品衛生については、「食品衛生管理者」の資格が取得できることに加え、食中毒検査が行える知識や技術、日本で唯一とされるこれからの社会が求める第6次産業での活躍と日本で唯一とされる「HACCP」構築に関する学びTopics●写真の学生/動物生命薬科学科2年平野 杏奈さん 明善高等学校(福岡県)出身(左)※教員/正木 美佳(右)●写真の施設/動物病院として設備された動物生命薬科学科専用の実習室。診療・手術機器や検査機器があり、獣医師を補佐する際に必要とされるさまざまなスキルを身につける。「HACCP*(ハサップ)」構築に関する学びにも取り組むため、多くの卒業生が「第6次産業」に就職しています。*「HACCP」とは、マニュアルにより基本的な衛生管理を行った上で全材料・全工程の食中毒危害を分析(HA)し、重要管理点(CCP)において全製品をモニタリング(例えば加熱温度を測定して未殺菌を監視する)し、製造後に検査や文書などで検証するシステムです。現在、最も有効とされる食品衛生管理方法である「HACCP」を用いて製造された食品でなければ、多くの国・地域が輸入を許可しません(日本から輸出できない)。一方、海外で「HACCP」を用いて製造された食品が日本に入ってくる量は今後さらに増加すると予想されています。そのため食品工場への「HACCP」導入は衛生管理の向上だけでなく、日本の農業や畜産業を守ることに結びつくと思われ、このシステムを学ぶ価値は絶大といえるでしょう。動物生命薬科学科の教育目標は、動物看護師統一認定試験(将来の国家試験)合格や実験動物1級技術者認定試験合格のもっと先にあります。現在、“地域創生”に至る国策の一つとして、産業動物や食の安全とそれに基づく関連産業の発展が求められています。本学では、入学後の基礎科目から4年次の卒業研究までを通して自ら考える力を高め、動物、医薬品および動物性食品に関連した「薬に強い家畜防疫員」、「薬に強い実験動物技術者」、「動物・薬・食に詳しい学芸員」、「食品衛生管理者・食品衛生監視員」として活躍できる専門知識を習得すると共に、さらに人々の幸せをプロデュースできる能力(知識・技能・思考力・態度)を身につけることができます。「薬に強い動物・動物性食品の専門家」として人々の幸せをプロデュースできる能力を身につける九保大だから学べる62 人を支える人になろう | The Person Support Person 63