【大学院(通信制)】より高みを目指す、通信制大学院

社会福祉学研究科 修士課程 連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程 保健科学研究科 修士課程 保健科学研究科 博士(後期)課程 連合国際協力研究科 修士課程

大学院(通信制)

より高度な知識を求める社会人教育と、医療・保健・福祉専門研究者の養成を目指す。

「リカレント教育」とは、社会人が職業上の新たな知識・技術を習得するために、また日常生活において教養や人間性を高めるために必要とする高度で専門的な教育を、生涯に渡り繰り返し学習することを意味します。
九州保健福祉大学大学院は、医療・保健・福祉分野の専門研究者の養成を目指すとともに、臨床の最前線で活躍する現職者を対象としたリカレント教育によって、刻々と進歩する社会福祉学、保健科学に対応できる高度な専門能力と豊かな学識を持った人材を育成し、より豊かな社会の創造に貢献します。

大学院(通信制)

ポイント 1

医療・保健・福祉従事者が、働きながら学べる通信制大学院

ポイント 2

より高度な専門能力と豊かな学識を持った専門職業人の育成を目指す

ポイント 3

医療・保健・福祉分野の発展を担う専門研究者の養成を目指す

教育研究の目的

研究科名 専攻名 課程 目的
社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 修士課程 広い視野に立って清深な学識を授け、社会福祉分野において専門的な研究能力を養い、教育者、研究者、または社会福祉現場において貢献し得る高度に専門的な職業人を育成することを目的とする。
連合社会福祉学研究科 社会福祉学専攻 博士(後期)課程 吉備国際大学との連合により、社会福祉学分野について研究者として自立して研究活動を行う能力または高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力を養うとともに、それらの基礎となる豊かな学識を涵養することを目的とする。
保健科学研究科 保健科学専攻 修士課程 保健科学を核とする保健医療関連科学において専門的な研究能力を養い、教育者、研究者、または保健医療現場において貢献し得る高度に専門的かつ指導的な職業人を育成することを目的とする。
博士(後期)課程 保健科学分野における先進的・臨床的研究科活動を遂行する能力を養うとともに、国際的視野に立脚した学識を涵養することを目的とする。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ページの先頭へ戻る