【大学院(通信制)】より高みを目指す、通信制大学院

社会福祉学研究科 修士課程 連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程 保健科学研究科 修士課程 保健科学研究科 博士(後期)課程 連合国際協力研究科 修士課程

連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程

連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程

実践研究・臨床研究に、
独創的な科学のメスを入れる。

連合社会福祉学研究科博士(後期)課程では、系列大学である吉備国際大学との連合により多岐にわたる「社会福祉の実践」について科学的な視野から分析を加えることによって、社会福祉のさまざまな臨床的場面でのより効果的な援助技術を確立していくことを目指し、より高度な教育・研究を推し進めていきます。
本課程へ進む院生には、修士課程で修得した社会福祉援助技術をさらに発展させながら、創造的・独創的な研究方法の開発にも取り組んでいただきたいと思います。

ごあいさつ

「通信制」の利点を生かした「実践の科学化」の共同研究の場に 大学院(通信制) 連合社会福祉学研究科長 正野 知基

日本では急速な少子高齢化が進み、現状の社会福祉にかかわる制度では対応が困難な問題が次々に生じてきています。これらの問題は単純ではなく、複数の問題が複雑に関連することによって引き起こされています。これらの問題解決を目指すためには、社会福祉の実践者と大学の研究者との共同による実践的課題に対する研究が不可欠でしょう。
「通信制」による本学の社会福祉学研究科は、平成16年度から博士課程もスタートし、すでに意欲的な院生諸氏との共同研究が始まっています。実践者の鋭い問題意識や豊富な経験についてIT機器を使ってやりとりし、また、スクーリングにおいては指導教員や他分野の教員、他の院生との直接議論・討論を通して、それぞれの研究を一段と深めていきます。
修士課程・博士課程を通じて「通信制」の利点を積極的に活かし、様々な分野の社会福祉実践者の専門性の向上・リカレントの教育の充実はもとより、社会福祉の実践を科学の目を通して冷静に見つめ、研究することのできる実践的研究者の養成を目指しています。

ディプロマポリシー

社会福祉における諸問題を解明し、課題にこたえる研究能力、実践力を修得したものに学位を授与します。

  1. 専門職業人として高潔な倫理観を身につけていること
  2. 社会福祉の分野における知識を、幅広く、高度に身につけていること
  3. 福祉社会の諸問題に関する思考力、洞察力を有し、課題に対する高度な分析、研究方法を身につけていること
  4. 社会福祉学の諸問題に対し論理的かつ独創的な見識を有し実践する能力を身につけていること
 

カリキュラムポリシー

社会福祉における課題に対する問題解決能力や豊かな学識を得、現場での業務に必要な理論と実践的な研究能力の向上をめざした教育課程の編成を行っています。

 

アドミッションポリシー

福祉、医療、保健、教育、看護等にかかわる幅広い分野で活躍されている方を対象に、多様化、複雑化、深刻化する現代社会に応じた問題解決能力、実践力の修得をめざす意欲をもっている人を受け入れます。

 

研究テーマ

博士(後期)課程修了生の研究テーマがご覧頂けます。

連合社会福祉学研究科 博士課程 博士論文研究テーマ [PDF 141KB]別ウィンドウで開く

 

博士学位論文内容の要旨および論文審査の結果の要旨

 九州保健福祉大学が博士の学位を授与したときは、学位規則第8条および九州保健福祉大学学位規程第34条に基づき、博士学位論文内容の要旨および審査の結果の要旨を公表します。


授与年月日 学位記番号 氏 名 論文題目 内容の要旨及び
審査結果の要旨
平成27年9月25日 博甲第ツ047号 清水 径子 身体拘束廃止に向けた介護保険施設等の
取り組みと展望
-介護保険施設等職員に対する調査より-
内容の要旨及び
審査結果の要旨
平成27年3月19日 博甲第ツ043号 木村 輝夫 男性の訪問介護職への参入と
定着に関する研究
内容の要旨及び
審査結果の要旨
平成27年3月19日 博甲第ツ042号 脇田 寛史 コミュニティソーシャルワーカー養成の
スーパービジョン研究
-セルフヘルプ・アプローチによる
グループスーパービジョン手法の構築-
内容の要旨及び
審査結果の要旨
平成26年3月19日 博甲第ツ041号 金川 朋子 わが国におけるムーブメント法の臨床的適用 内容の要旨及び
審査結果の要旨

九州保健福祉大学リポジトリ

博士(後期)課程修了生の博士論文がご覧頂けます。

九州保健福祉大学リポジトリ

カリキュラム

T=印刷授業科目 S=対面授業科目 TS=印刷授業と対面授業の複合科目

区分 科目名 分野名 担当教員 開講年次 単位 授業形態 必修選択
専門選択科目 社会福祉学特殊講義Ⅰ 社会福祉原論 星野 政明 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅱ 社会福祉思想論 栗栖 照雄 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅲ 社会福祉政策論 髙橋 睦子 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅳ コミュニティ・ソーシャルワーク論 平川 忠敏 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅴ 権利擁護論 横山 奈緒枝 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅵ 障害社会論 上農 正剛 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅶ 精神保健福祉論 鶴 紀子 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅷ 児童・家族福祉論 杉原 俊二 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅸ 国際福祉論 髙橋 睦子 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅹ 高齢者健康福祉論 小川 芳徳 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅺ 介護福祉論 渡邊 一平 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学特殊講義Ⅻ 教育福祉論 橋迫 和幸 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学研究法特殊講義Ⅰ 質的研究 栗山 和広 1・2・3 2 T 選択
社会福祉学研究法特殊講義Ⅱ 量的研究 三宅 邦建 1・2・3 2 T 選択
総合
科目
社会福祉学特殊研究Ⅰ 小川 芳徳
栗栖 照雄
正野 知基
髙橋 睦子
永見 邦篤
橋迫 和幸
横山 奈緒枝
渡邊 一平
1 2 S 必修
社会福祉学特殊研究Ⅱ 2 2 S 必修
社会福祉学特殊研究Ⅲ 3 2 S 必修

※社会福祉学特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲについては、1年次に社会福祉学特殊研究Ⅰ、2年次に社会福祉学特殊研究Ⅱ、3年次に社会福祉学特殊研究Ⅲの履修をしてください。同じ年度に社会福祉学特殊研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを重複して履修することはできません。

修了要件

必修3科目6単位、専門選択3科目6単位以上、合計12単位以上修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。

博士(後期)課程講義概要 [PDF 349KB]別ウィンドウで開く

博士論文完成までの主な流れ [PDF 32KB]別ウィンドウで開く

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ページの先頭へ戻る