2013年10月

風車フェスタ at 宮崎県立博物館の準備中!

2013年10月18日

10月26日に宮崎県立博物館で開催される

風車フェスタの準備を学生たちが手伝ってくれています.

 

001.jpg

 

 

このフェスタは,地域作業療法の一環として,

一般の方々だけでなく,認知症の方々も一緒に活動されます.

 

風車の材料は,ペットボトルです.

ペットボトルの上部をキリ取り,風車の「羽」の部分を作ります.

風車の羽と軸をつなぐ部分は,ペットボトルのキャップです.

 

002.jpg

 

 

作業療法士は,作業活動を行うとき,できるだけ身近な材料が使えないか考えます.そして,なにより対象者に合わせた活動を選びます.

 

今回の材料も,大学内で飲み終わったペットボトルを使用しています.

あとは,参加者に仕上げを手伝ってもらう段階まで,学生が準備します.

 

 

003.jpg

 

 

学生たちが作った,ペットボトルフラワーです.

どうですか?きれいでしょう!!

 

004.jpg

 

 

作品が出来上がり,それが美しいものだと,達成感がありますよね.

そのような心の変化も作業療法士は考えながら,作業活動を行っています.

 

005.jpg

 

 

学生たちも,いろいろな方々とふれあう機会を多く経験することで,一人前の作業療法士になっていくのです.

(文責:小川)

作業療法学科同窓会「柑梛会」が開催されました。

2013年10月 8日

去る10月6日、本学科の同窓会である「柑梛(かんな)会」が開催されました。


柑梛は植物の名前で、朱色に近い濃いオレンジ色の花を咲かせます。

会の名称に本学のスクールカラーでもある花の名前を冠したのには、いつまでも母校を忘れないようにという思いとともに、同窓生同志の絆を深めて欲しいという思いが込められています。

そんな柑梛会も早11回目。恒例の事例報告会から始まりました。
IMG_0117.jpg


IMG_0119.jpg
これまでは本学科の教員や、外部の講師をお呼びして特別講演を行っていたのですが、今年は初めて卒業生にお願いしました。

IMG_0129.jpg

IMG_0132.jpg
6期生の村田健太さんは、大分県の湯布院厚生年金病院に勤める作業療法士です。

病院での業務の傍ら大分大学大学院で研究を重ね、立ち上がることで自動的に車いすのブレーキがかかるシステムを開発しました。

その成果を発表したキャンパスベンチャーグランプリ2012で、見事文部科学大臣賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

実は私もかつて同じ病院に務めており、教え子であるとともに大学・職場の後輩に当たるのですが…すでに追い抜かれてしまいました(笑)。

しかし、卒業生がこのように全国的に活躍し、それを母校で報告するということは、教員冥利につきることです。

明日の村田さんを育むべく、明日から頑張ろうという気持をいただきました。

さて、夜はお楽しみの懇親会です。

少々人数は少なかったのですが、むしろその方が盛り上がったように思います。
IMG_0138.jpg


今年も無事終了。バトンは次の代に引き継がれました。

来年はどのような会になるか。楽しみに待ちたいと思います。
(文責:田中)