「SLTA(標準失語症検査)について」

2017年7月14日

こんにちは、7月も半ばですが、ジメジメと蒸し暑い日が続いていますね。

早く梅雨明けして夏本番を迎えたいものです。

 

さて、今回は今2年生が授業で学んでいる「SLTA(標準失語症検査)」について紹介します。

この検査は、成人失語症患者を対象としています。

項目は、Ⅰ:聴く Ⅱ:話す Ⅲ:読む Ⅳ:書く Ⅴ:計算 の5項目です。

採点は段階1から6までの、6段階評価を用います。

失語症の疑いがある程、段階1に近くなります。

下の写真は検査で用いられる物品と、それを用いて練習をしている様子です。

 

IMG_3435.JPG

 

 

IMG_3437.JPG

 

 

IMG_3442.JPG

 

この検査は臨床実習Ⅱの実技試験の対象でもあるので、気を引き締めて早くマスターしていきたいと思います。

 

(文責:2年・寳村)

臨床実習指導者委員会に向けての準備

2017年7月 6日

こんにちは、最近、暑くなってきましたね…

7月に入り、前期も残すところ後わずかになりました。

※  本大学では、高校のように3学期制ではなく、1年が前期と後期に分かれています。

前期は4月から8月初旬まで、後期は9月末から2月初旬までです。

さて、本学科では3年生の後期の時に外部の病院や施設等で実際の患者さんに対して、検査や訓練を行う、外部臨床実習を行っています。

その外部臨床実習では、病院や施設で実際に勤務されている先生方が3年生を指導してくださるのですが、7月8日(土)に3年生がお世話になる先生方を大学にお迎えして会議(臨床実習指導者委員会)が行われます。

今2年生はその会議に向けて準備をしているところです。

私が担当するのは、昨年度先輩方(今の4年生)が実習の際に学んだ事柄を深く調べ、ポスター大の用紙にまとめ上げたものを展示したり、学内での実習のタイムスケジュールを来ていただく先生方に分かりやすく説明する資料を作成しています。

当日に先生方に失礼がないように2、3年生でしっかりと抜かりなく取り組んでいこうと思います。

(文責:2年 杉本)

↓ 先輩のポスター発表資料             ↓ 学内実習タイムスケジュール

 

IMG_3431.JPG IMG_3432.JPG

 

声の分析

2017年6月28日

こんにちは!!

 

6月もそろそろ終わりに近づいてきました。

 

さて、今回は音声科学演習の講義風景を紹介したいと思います。

音声科学.JPG

私たちは、この講義の中で声の分析を行っています!!

 

マイク付きヘッドフォンで自分の声を録音し、パソコンで詳しく自分の声を分析します。

 

自分の声の周波数、アクセントとイントネーションがパソコンで簡単に見ることができます。アクセントとイントネーションの違いは次の通りです>


 アクセントとは、語レベルにおける音の高さ強さの違いです。

 

イントネーションとは、文レベルにおける音の高さの違いです。

 

普段の生活で、周波数やイントネーション、アクセントを意識しない分、いろいろな発見があるので声の分析はとても楽しいですよ!!

<文責:坂田>

 


 

意外と知られていない朝食メニュー

2017年6月21日

こんにちは!

今月もあと残り1週間となりました。

暑い日が続いていましたが、延岡もついに梅雨っぽくなってきました。

じめじめした日が続くと思いますが、それに負けず頑張っていきましょう!!

さて今回は、意外と知られていない朝食メニューをご紹介します。

6/20(火)の朝食メニューはこちらです↓↓

IMG_3423.JPG

IMG_3424.JPG

朝食は日替わりメニューとカレーライスの2種類から選べます。

ちなみにこの日の日替わりメニューは、煮込みハンバーグでした。

栄養が偏りがちの一人暮らしの学生にはオススメです!

さらに、朝食メニューはお財布に優しい価格で食べることができます。

その価格なんと、100円でーす!!

あなたも九保大に入学して、ぜひ食べてください。

(文責:2年・小森)

先生の紹介 part2

2017年6月15日

こんにちは。

 

先日梅雨入りしましたが、延岡は雨が降らず暑い日が続いています。

冷房をつけ始め体調を崩しやすい季節でもあるので、皆さん体調管理はしっかりしましょう。

さて、先々週のブログで中村真理子先生の紹介がありましたが、今回は言語聴覚療法学科の太田先生の紹介をしたいと思います。

先生にはSTになるにあたってなどお聞きしました!

先生はこんな人です。↓

 

IMGP1696.JPG

 

お名前:太田栄次(おおたえいじ)先生

担当科目:音声学、言語学、英語 など

ここからはインタビュー形式でいろいろ聞いてみましたよ

Q.先生が思うSTに必要なスキルは?

A.「客観的に物事を観察したり考えたりすること。」

最近のコミュニケーション手段はスマホやインターネットを介したものが中心。インターネットだとすぐ情報がまわるし、どこにいてもいろんな情報にアクセスできるといういい点がある。情報処理が便利で早いことはいいことだが、一つ一つについて深く考える時間がないため、一つのことにじっくり向き合うことも大切。 結論を急がず、ゆっくり、いろんな角度からものごとを観察し、考えることが重要。


Q.STを目指す高校生に一言

A.老若男女問わず様々な人とコミュニケーションをとることが大切。

STになると様々な年齢層、さまざまな社会的背景と持った人と関わっていかなくてはいけない。その際に相手に合わせたコミュニケーションの取り方をする必要がある。こどもとのコミュニケーションと高齢者とのコミュニケーションではそのあり方は大きく異なる。だからこそ、様々な人とコミュニケーションをとることで、自分のコミュニケーションスキルが上げておく必要があると思う。


いかがだったでしょうか?私は1年の時に、言語学、音声学、英語とかなりお世話になりました。私から見た先生はいろいろなことに詳しい物知りな先生というイメージです。

あと2年間よろしくお願いします~


(文責)米谷

2年生の1日

2017年6月 9日

 


こんにちは!

 

前期ももう半分が終わり、夏休みまで残り2か月ほどとなりました!

九州も梅雨入りしてジメジメした日が続きますが、私たちは日々勉強に励んでおります!

というわけで、今週は『2年生の1日』をテーマに、〈忙しい日〉と〈余裕がある日〉の

2本立てでお送りします!

 

〈 忙しい日 〉

この日の時間割は、

1.神経系の構造・機能・病態

2.聴覚障害演習Ⅰ

3.生涯発達心理学演習

4.音声科学演習

5.失語症演習Ⅰ      の、フルコマでした!!IMG_2809.JPG

提出課題・予習課題が1つ、3限がなんと中間テストでした!

朝からとてもハードな1日でしたが、朝少し早く来たり、ご飯を食べながら勉強をしたりと時間を有効に使っていました。写真は、テスト前のお昼の様子です!

「忙しい日はどう乗り越えていますか?」という質問には、「家に帰って何をするか考えている」、「食べ物のことを考えている」、「フルコマに慣れる」、「ノリと勢い」などと、答えてくれました。

仲間がいたり、楽しみがあるから頑張れるんですね!!

 

 

〈 余裕がある日 〉

この日の時間割は、

1.――

2.言語発達障害Ⅱ

3.高次脳機能障害演習Ⅰ

4.――

5.言語聴覚障害基礎ゼミⅢ    でした!

008.JPG012.JPGのサムネール画像

 

 

提出課題は1つだけ、時間にも心にも余裕がある日には、UNOやトランプをして、息抜きをしています。もちろん明日の課題を終わらせる人も!

みんな表情も穏やかに、久しぶりの空きコマを楽しみました。

 

時間を有効に使いつつ、しっかりと息抜きをする!

2年生の1日は、1年生のころと比べて増えた課題や、難しい専門教科に悪戦苦闘しつつも、ON/OFFを使い分けて毎日を楽しく、頑張っています!

 

 

これからの暑い日々も、『2年生の1日』は続いていく…

 

(文責:2年・川内)

自分で使う検査道具を購入しました!!

2017年6月 7日

こんにちは。

6月に入り、傘が手放せない時期となりました。通学などで濡れることが多くなると思いますが風邪を引かないよう体調管理には気をつけていきましょう。

 

今、私達2年生は様々な検査について学習しています。先日その検査などに使用する道具を個人で購入しました。今回はその道具について紹介します。

 

購入したものは、写真の左から鼻息鏡、ペンライト、ストップウオッチ、聴診器の4つです。これら4つの道具について簡単に説明します。

 

4つの道具.JPGのサムネール画像

1.   鼻息鏡は鼻の下に軽く当て声を出すとき鼻から息がどれほど漏れているかをみます。

2.   ペンライトは、口の中の様子を診るために使用します。

3.   ストップウオッチは、検査や訓練の際に患者さんが課題をやり遂げる時間などを計ります。

4.   聴診器は、喉の外側を聴診することで、呑み込みの時、どのような音がしたということから、食べる機能に問題があるかを推察することに使用します。

ペンライト.JPGのサムネール画像のサムネール画像

みんな道具を手にすると、写真のように、ペンライトで自分の口の中を照らし鏡で見たり、聴診器で友達の心臓の音を聞いたり、初めて手にするものに興味津々でした!!!

私も、ワクワクしました^^

 

これからたくさん使用していくと思うので、大事に扱っていきたいです。

 

                                                                                                                        <文責:河野>

 

 

先生の紹介

2017年6月 2日

こんにちは。

ついに6月に入り、2017年も残り半分となりました。

これからのターニングポイントとして、梅雨時期のジメジメとした感じに負けずに

頑張っていきましょう。

 

私たちの目指す言語聴覚士は、聞こえ,ことば,飲み込みに困っている方のリハビリテーションを行います。

その際には、たくさんの他職種の方々と「チーム医療」として関わっていきます。

例えば、嚥下障害,構音障害などでは歯科医と医師とそれぞれの専門分野を活かしながら連携を行っていきます。

今回は、その「嚥下障害(飲み込みの障害)」と「嚥下障害」を教えてくださっている歯科医の中村先生をご紹介します!

 

 

中村先生.pngのサムネール画像

お名前: 中村真理子 先生

担当教科嚥下障害,構音障害

誕生日5月6日

出身岡山県

好きな色

好きな食べ物アイスクリーム 特にパルム

好きな動物

好きな音楽ポール・モーリア

息抜きの仕方音楽を聴きながらボーッとする

好きな場所スカイツリー

     ☛スカイツリーからの、夕暮れ時でネオンの輝き出した景色は本当に綺麗でおすすめだそうです!

マイブームFamilyMartとセブンイレブンの食べ比べ。

     ☛大学に来られるまでにFamilyMartがあり、買い物をされることが多いそうですが、

      私たちの大学にはセブンイレブンもあります。そのため、セブンイレブンと

        FamilyMartの食べ比べがマイブームだそうです。セブンイレブンは、セブンカフェの

        コーヒーは美味しくておすすめだそうです!また、FamilyMartはパンの種類が増え、美

        味しものが増えたとおっしゃっていました。さらに、無印の商品は便利だとおっしゃって

        いました。

私たち学生に向けて伝えたいこと:

1~3年生は無事進級。4年生は国家試験合格。

それぞれ、頑張ってください!!

 

中村先生は本当に優しくて、私たち学生の話をよく聞いてくださいます。笑顔が印象的で、講義中に笑いが起きたときの笑顔は学生の癒やしでもあります。

 

先日、私たち2年生の夏休みの集中講義の予定が発表されました。

9月はほとんど集中講義となってしまうため、休みの期間を有効的に活用し、

集中講義も頑張っていきたいです!!

(文責:2年 大道)

新入生歓迎会始まり~!!

2017年5月27日

 

 

 

こんにちは。

 

もう、5月の下旬で次の週からは6月に入る時期となりました。

朝と昼の寒暖差が激しくなり、体調の方はいかがですか?

私たち2年生は、集中講義、アルバイト、課題などで忙しく大変そうな毎日を過ごしております。

 

さて本題です。

言語聴覚療法学科では、526日言語棟のD125D127D130を使い新入生歓迎会が行われました。

 

歓迎会を盛り上げるために、2年生は4月から準備を行っていました。

朝の9時から準備や飾りつけを開始‼

そして出来上がった会場がこちらです!(^^)!

 IMG_3315-飾り.JPGのサムネール画像のサムネール画像

みんなで一生懸命準備を頑張りました。

12時から歓迎会がスタートしました。テーブルは、くじで14年生がランダムで座りました。

軽い食べ物として、お菓子、ドーナツ、ピザが用意されました。1年生の出身地や先輩方と冗談を交えながら勉強以外の会話もしました。あっという間でした!!

IMG_3346-食事.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 


 

そして、最後に1年生自己紹介をしてもらいました。くじの中に2年生が考えた様々な質問が… 色のついた紙はなんと大喜利!!!

「バタコさんが新しい顔としてアンパンマンに投げたものとは…??」

というお題に対しある先輩の答えは、なんと「ジャムおじさんの顔!!」でした。

みんなでお腹を抱えて笑いました。

 

歓迎会は大成功でした!!

1年生は少ない人数ですが、仲が良くて明るい人達ばかりでした。

学校生活はどうでしょうか??だいぶ、慣れたことでしょう。

まだまだ分からない事だらけだとは思いますが、言語聴覚療法学科の先輩方はみんないい先輩ばかりです。分からないことがあれば、どんどん質問してくださいね(*^^*)

お互いに頑張っていきましょう。

(文責 大久保)

 

 

IMG_3354-1年生.JPGのサムネール画像

 

大喜利.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 


 

 

「国リハ式<S-S法>言語発達遅滞検査」について

2017年5月19日

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

 

5月も下旬に近づき、梅雨の時期に入ろうとしています。雨の日が続くとなんとなく憂鬱な気分になりますよね。そんな時は友達と笑い合い一緒に乗り越えていきましょう!

 

今回は、今二年生が授業で習っている「国リハ式<S―S法>言語発達遅滞検査」について紹介します。

検査の対象は0歳~6歳とされています。

構成は、3部構成で①記号形式―指示内容関係、②基礎的プロセス、③コミュニケーション態度となっています。

特徴として、有意味語が出現する前の評価が可能なこと、評価が指導につながることがあげられます。

下の写真は、検査で用いられる物品と、それを用いて練習をしている様子です。

 IMG_3304.JPGIMG_3300.JPG

これから、今回紹介した検査以外にも学ばなければいけない検査が多くあります。それを一つ一つ学習していきたいです。授業のコマも増えみんな切羽詰まった状態ではありますが切磋琢磨しながら協力して頑張っていきたいです。

 

(文責:2年大木)