2010年10月

学内実習

2010年10月28日

今回は学内実習についてご紹介します。

本学科の実習カリキュラムは以下のように組まれています。


2.jpgのサムネール画像

 

1年次の時点から実習が入っていますが、1年次では3年次生、4年次生の実習の様子を観察し、その様子を詳細に記録したり、分析する経験を積み重ねていきます。2年次の後期からは実際に検査実習として、協力者の方に検査をします。3年次生からは評価訓練実習を行い、後期には外部臨床実習として、実際の現場で12週間(6週間を2施設)実習を行います。4年次では、これまでの実習を総括する場として総合的、実践的な実習を行います。

以下は学内実習の大まかな流れを示したものです。実習は毎週木曜日に行われていますが、実際にはその木曜日の実習までに教員と何度もやり取りをしながら、実習の中身を吟味していきます。


3.jpg



 






 

 

課題図書発表会

2010年10月 8日

 1年次、2年次では学生の皆さんの「読み・書き」能力を向上させ、主体的な学びの下地を作ることを目的に「言語聴覚障害基礎ゼミ」という講義が開講されています。今回は、その講義の中の一環として、学生に本を読んでもらい、その本の内容を他の学生に紹介するという活動が行われましたので、その様子をご紹介します。

 それぞれの学生が自分の興味に従って選んだ本の内容を紹介しています。

 一冊の本の内容をポイントを押さえて、その本を読んでいない人に説明するのはなかなか難しいのですが、学生の皆さんは自分なりに工夫してくれました。

 発表が終わると、学生同士の意見交換が行われました。発表を聞いていた学生から発表についての感想や質問などがありました。発表者はヒヤヒヤものですね…