2011年6月

2011年度 臨床実習指導者委員会

2011年6月 4日

本学科の講義の一つに「臨床実習」という講義があります。

この「臨床実習」は、実際に言語聴覚士の一連の臨床行為ができるようになるための実践訓練の場として、1年生~4年生にかけて行われるものです。

この「臨床実習」の中で行われるのが「外部臨床実習」であり、3年生の9月~12月にかけて、実際の病院で臨床実習を行います。これまで学内で修得した検査、測定方法、訓練立案など、学内で学んだことを臨床の場で発揮できる機会としてとても貴重なものであり、学生にとっては大きな一つの試練ともいえます。

この外部臨床実習に先立ち、6月4日(土)に本学において臨床実習指導者委員会が行われました。この会議では、病院などの臨床現場で学生を直接指導してくださる言語聴覚士の先生(スーパーバイザー)にお越しいただき、学生に対して面談をおこなっていただきました。

 

IMG_5857.JPG IMG_5868.JPG

当日の受付や案内は、3年生に面談に集中してもらうためにそれ以外の学生が担当してくれました。

 

IMG_5856.JPG IMG_5864.JPG

懇談会会場と面談会場の様子

 面談ではスーパーバイザーの先生方から多くのアドバイスをいただき、学生も実習に向けてさらに意欲が高まったようです。お忙しい中ご参加いただいた先生方をはじめ、特別講演をしていただいた前岡先生に心よりお礼申し上げます。