国家試験を想定した模擬試験

2012年9月11日

今日は、4年生が模擬試験を受けました。後期の授業が始まる前の模擬試験。

言語聴覚士国家試験本番を想定した試験。開始時間も終了時間もほぼ本番どおり。本学科では、年間を通じて、20回ほど行っています。問題は、本学科の教員が作成したオリジナルと厳選した過去問。

 言語聴覚士国家試験は専門基礎科目と専門科目から200問出題されます。マークシート方式で行われ、120点が合格ラインです。今年度は、来年2月16日に行われます。このブログにあるように、学科教員引率のもと、受験生は、貸し切りバスで会場に向かいます。

模擬試験 2012②.jpg模擬試験 2012.jpg

 さあ、試験終了後は、先生と一緒に、自己採点と反省会だ。夏休み、こんなに頑張っているのに、あと10点がなかなか上がらないよね。「Rome was not built in a day.」だよ~。

また、明日から、基本事項を正確に覚え直そうよ。それが夏休みの目標だったよね。前期末のオリエンテーションの時、みんなで誓い合ったよね。後期の授業が始まるまで3週間。日にちはまだある!!

<< 前へ>> 次へ