2014年12月

1年間を振り返って

2014年12月19日

もうすぐクリスマスですね。みなさん誰とお過ごしでしょうか?

 

IMG_2894.JPG

いよいよ今年最後のブログとなりました。

この一年を思い返すと楽しかったこと、大変だったことたくさんあります。

みんながどんな一年だったか二年生にインタビューしてみました。

 

Q:この一年で楽しかったこと

Aさん:大雪の中みんなでレンタカーを借りて遊びに行ったこと。途中で車から降りて雪合戦をしたり雪だるまを作ったりして楽しかった。車が故障するというハプニングもありましたがその分楽しくていい思い出になりました。

Bさん:五月にあった新入生歓迎会です。自分たちで企画して実行することは初めてだったので不安でしたが一年生と打ち解けることができてよかったです。

 

Q:この一年で大変だったこと

Aさん:二年生の後期になりレポート課題が多く出されるようになったが、ひとつひとつをこなしていくうちに実力がついていることを実感できて嬉しかった。先生に言われることだけでなく自分で考えて行動していきたい。

Cさん:※バイザー会議です。先輩方がお世話になる先生方がいらっしゃるので失礼のないように態度に気をつけました。来年は私たちが主役となるので今回はいい練習になりました。大変でしたがいい経験となりました。

※実習でお世話になる外部の施設の先生方が大学を訪問されます。

 

Q:来年に向けての抱負

Aさん:STという夢を実現するため、来年もクラスのみんなと励まし合いながら頑張っていきたい。

Bさん:来年は学外実習もあり大変になると思うが実習先で恥ずかしくないように今のうちから必要な知識を身につけていきたい。

 

一月になったらテストも始まり忙しくなります。冬休みは実家に帰る人もいると思うので家族との時間を大切にしましょう。(勉強も忘れずに...)

 

それでは皆さん...

 

Merry Christmas ! & Happy  New Year !IMG_2899.JPG

 

 

 

摂食・嚥下スクリーニング検査の発表

2014年12月12日

皆さん こんにちは!

12月も半ばになりました。

こたつから出れないと思いますが、寒さに負けず頑張りましょう。


さて、今回は12月10日に行われた原先生担当の嚥下障害演習Ⅰという授業について取り上げたいと思います。

摂食・嚥下とは、食べること全般のことをいいます。「飲食」という行為は、さまざまな飲食物を認識して口へ運び口に取り込んだものを噛み、飲み込みやすい形に変え、飲み込むという一連の営みのことです。

内容は、1人の患者さんを想定し各班でまとめた摂食・嚥下スクリーニングの発表をしました。

スクリーニング検査は、嚥下機能の問題の有無を調べるものであり、検査には、反復唾液テスト、水飲みテストなどがあります。

各班持ち時間8分、質疑応答1分で行いました。

 

IMG_2864.JPGIMG_2866.JPGIMG_2868.JPG

動画を使ったり、実演したりと工夫して発表を行っている班のありました(^○^)
IMG_2882.JPG

他の班の発表を聞いて、自分たちに足りないところが分かりました。
今後、グループ活動が増えていくので協力してやっていきたいです。

(文責 2年 野田)




 

高次脳機能障害演Ⅱの演習風景

2014年12月 8日

 

皆さん、こんにちは!!


12月に入り、今年もあと約1カ月となりました\(^o^)/

毎日寒いですが、風邪をひかないように、皆さん頑張っていきましょう!!


さて、今回は高次脳機能障害演習Ⅱという授業について取り上げたいと思います。

内容は遂行機能障害でした。遂行機能障害とは言語、行為、対象の認知、記憶などを制御し統合する機能の障害のことです。

最初は遂行機能障害の概要の講義があり、その後遂行機能障害を調べるためのBADSという検査の練習を各班で行いました。この検査では遂行機能障害を構成する概念形成、セットの転換、プランニングなどの中でどこに障害があるのかを知ることができます。


IMG_2846.JPG

その後各班が、違う班から選ばれた被検者を相手にして皆の前で1つずつ実施手順を確認していきました。

IMG_2853.JPG


IMG_2855.JPG

検査は難しいですが、臨床で必要なものなのでみんな真剣な顔で、緊張感をもって取り組んでいました。
何回も練習して、より正確な検査結果が得られるようにしていきたいです(^^)

(文責 2年 本村)





 

 

2014年12月 8日