2015年10月

空き時間の活用

2015年10月30日

みなさん、こんにちは!

急激に寒くなってきましたが、体調管理に気をつけて頑張っていきましょう!

 

さて、今回は講義の空き時間の過ごし方について、取り上げてみました。授業は90分間で行われるのですがと、授業と授業の間にコマ数の空き時間15分があります。まぁ高校までの休み時間といったところです。

その空き時間をどう過ごすかは各人の自由であるため、時間の使い方は様々です。

 

空き時間を有効に活用し、今週出された課題を頑張る人たちもいて、疑問や分からない部分があれば、協力して、互いに理解を深めたりしていました。

 

IMG_3045.JPGのサムネール画像

 

また、授業での復習のため、検査道具に触れ、検査練習をする人も!

 

IMG_3046.JPG

 

もちろん、ケータイを使いゲームを楽しむ人や、雑談に花を咲かれ笑いが絶えない人もいますよ(笑)!

 

 しかし!

テストが近くなると皆真面目にテスト対策や課題があると課題を行うなど、無駄な時間はありませんね(^_^)  

                                                                                                      (文責 比嘉)

部活動を通してのコミュニケーション

2015年10月23日

 

 皆さんこんにちは!

10月もいよいよ下旬を迎え、急に肌寒くなる日々が続いています。

 

さて、今回は少し別な視点から、私たちが今からできる言語聴覚士に必要なことを見ていきたいと思います。

皆さんは身体を動かすことは好きですか?

私は大好きです!と、いうことで1年生の時からバドミントン部に入っています。

日々の勉強も大事ですが、部活をすることで息抜きとなり、さらに勉強にも力が入るのではないかと思います。

しかし、部活に入ることの利点はそれだけではありません。

言語聴覚士に必要なことといえば何でしょうか。

いろいろありますが、一番は人と人をつなぐコミュニケーションなのではないかなと私は思っています。

 

大学にはいろいろな学科に何百人という数の学生が在籍しています。その多種多様な学科からバドミントンをしたいという方が入ってきます。

部活をすることで関わりの少ない他学科とコミュニケーションをはかれるので、自分の学科にとどまらずにいろんな方と交流を深めることができます。

 

私はバドミントン部に入って、体を動かすのはもちろん、いろいろな方と話すことが楽しくて今でも続けています。

まずは話すことの楽しさを自分で感じ、将来その楽しさを患者さまに伝えられるような言語聴覚士になりたいです。そしてコミュニケーションの場として是非皆さんも部活に入ってみて下さい。

 

文責 中島

サークル活動

2015年10月16日

 

みなさん、こんにちは!

今回紹介するのは、私が行っているサークルです。

私はフットサルのサークル活動を行っています。体育館を使い、週二日の頻度で

夕方から練習しています。勉強も大事ですが、放課後に汗を流せるのはとても良いと思います。また、他学部、他学科の学生と交流できるのも良いと思います。

 

今後、学内実習が中心になり、フットサルに参加できる時間が限られてきます。

なので、フットサルに参加している今を楽しみたいです。

 

追伸、11月7日8日の九保祭で模擬店を出店します。内容は、水餃子です。

よかったら九保祭に来てみてください!

文責:2年竹内

IMG_3036.JPGIMG_3044.JPG

 

後期スタート

2015年10月 9日

皆さん、こんにちは。 

早いもので、もう10月ですね。

学校生活でも後期が始まり早2週間が経とうとしています。

 

さて、今回は後期が始まったということもあり、2年生の後期の授業や授業風景について書きたいと思います。

2年生の後期は、前期の講義内容を引き続いて学ぶ科目もありますが、後期で新しく学ぶ科目もあります。また、11月以降は、実習も2年生だけでおこないます。

 

IMG_3030.JPG

 

この写真は、ある授業風景の様子です。みんな授業に集中しており、重要な所はプリントなどに書き込んだりしています。私自身は、講義が終わった後で、重要だと思った箇所を改めてノートにまとめ直して、それを時間があるときに見直すなど、学習の工夫をしています。講義中にしっかり先生の話を聴くのは当然、それ以上に自分で学習することの重要性に気付き始めました(ちょっと遅いか(*^-^))。

後期もたくさんの講義がありますが、友達と切磋琢磨しながら言語聴覚士になるという目標に向かって頑張りたいと思います。

(文責 :2年 高橋)