先生の紹介 part2

2017年6月15日

こんにちは。

 

先日梅雨入りしましたが、延岡は雨が降らず暑い日が続いています。

冷房をつけ始め体調を崩しやすい季節でもあるので、皆さん体調管理はしっかりしましょう。

さて、先々週のブログで中村真理子先生の紹介がありましたが、今回は言語聴覚療法学科の太田先生の紹介をしたいと思います。

先生にはSTになるにあたってなどお聞きしました!

先生はこんな人です。↓

 

IMGP1696.JPG

 

お名前:太田栄次(おおたえいじ)先生

担当科目:音声学、言語学、英語 など

ここからはインタビュー形式でいろいろ聞いてみましたよ

Q.先生が思うSTに必要なスキルは?

A.「客観的に物事を観察したり考えたりすること。」

最近のコミュニケーション手段はスマホやインターネットを介したものが中心。インターネットだとすぐ情報がまわるし、どこにいてもいろんな情報にアクセスできるといういい点がある。情報処理が便利で早いことはいいことだが、一つ一つについて深く考える時間がないため、一つのことにじっくり向き合うことも大切。 結論を急がず、ゆっくり、いろんな角度からものごとを観察し、考えることが重要。


Q.STを目指す高校生に一言

A.老若男女問わず様々な人とコミュニケーションをとることが大切。

STになると様々な年齢層、さまざまな社会的背景と持った人と関わっていかなくてはいけない。その際に相手に合わせたコミュニケーションの取り方をする必要がある。こどもとのコミュニケーションと高齢者とのコミュニケーションではそのあり方は大きく異なる。だからこそ、様々な人とコミュニケーションをとることで、自分のコミュニケーションスキルが上げておく必要があると思う。


いかがだったでしょうか?私は1年の時に、言語学、音声学、英語とかなりお世話になりました。私から見た先生はいろいろなことに詳しい物知りな先生というイメージです。

あと2年間よろしくお願いします~


(文責)米谷

<< 前へ>> 次へ