2017年7月

「SLTA(標準失語症検査)について」

2017年7月14日

こんにちは、7月も半ばですが、ジメジメと蒸し暑い日が続いていますね。

早く梅雨明けして夏本番を迎えたいものです。

 

さて、今回は今2年生が授業で学んでいる「SLTA(標準失語症検査)」について紹介します。

この検査は、成人失語症患者を対象としています。

項目は、Ⅰ:聴く Ⅱ:話す Ⅲ:読む Ⅳ:書く Ⅴ:計算 の5項目です。

採点は段階1から6までの、6段階評価を用います。

失語症の疑いがある程、段階1に近くなります。

下の写真は検査で用いられる物品と、それを用いて練習をしている様子です。

 

IMG_3435.JPG

 

 

IMG_3437.JPG

 

 

IMG_3442.JPG

 

この検査は臨床実習Ⅱの実技試験の対象でもあるので、気を引き締めて早くマスターしていきたいと思います。

 

(文責:2年・寳村)

臨床実習指導者委員会に向けての準備

2017年7月 6日

こんにちは、最近、暑くなってきましたね…

7月に入り、前期も残すところ後わずかになりました。

※  本大学では、高校のように3学期制ではなく、1年が前期と後期に分かれています。

前期は4月から8月初旬まで、後期は9月末から2月初旬までです。

さて、本学科では3年生の後期の時に外部の病院や施設等で実際の患者さんに対して、検査や訓練を行う、外部臨床実習を行っています。

その外部臨床実習では、病院や施設で実際に勤務されている先生方が3年生を指導してくださるのですが、7月8日(土)に3年生がお世話になる先生方を大学にお迎えして会議(臨床実習指導者委員会)が行われます。

今2年生はその会議に向けて準備をしているところです。

私が担当するのは、昨年度先輩方(今の4年生)が実習の際に学んだ事柄を深く調べ、ポスター大の用紙にまとめ上げたものを展示したり、学内での実習のタイムスケジュールを来ていただく先生方に分かりやすく説明する資料を作成しています。

当日に先生方に失礼がないように2、3年生でしっかりと抜かりなく取り組んでいこうと思います。

(文責:2年 杉本)

↓ 先輩のポスター発表資料             ↓ 学内実習タイムスケジュール

 

IMG_3431.JPG IMG_3432.JPG