言語発達障害学演習でのひとこま

2017年10月31日

こんにちは。

11月に入り、今年もあと2ヶ月となりました。

温かい鍋が美味しい季節ですね、皆さんはもう鍋は食べられましたか?私はさっそくキムチ鍋を2回食べました!

さて今回は私たちが現在、言語発達障害学演習で学んでいる検査の1つ「WISK-Ⅳ(ウィスクフォー)」について紹介します。

この検査は、5歳0ヶ月~16歳11ヶ月の子どもを対象とし、

子どもの知能を個別に精密に診断し個人内差を明らかにすることを目的としています。

検査時間はやや長め60~90分くらいかかります。

内容は大雑把に言うと知能について以下の4つの側面を見ます。


・ 言葉の理解

・ 知覚推理(視覚的な情報を取り込み、各部分を関連づけて全体としてまとめる能力)

・ ワーキングメモリー(新たな情報を記憶,短期記憶に保持、処理する能力)

・ 処理速度(複数の情報を処理する能力)


検査の際には、もちろん検査を正確に行うことは重要ですが、

それと同じくらい重要なこととして、子どもの不得意な部分だけを見てはいけないということがあります。

その子どもの得意な部分にも焦点を当てて、得意な項目はその後の訓練で伸ばし、少し不得意な部分はサポートすることの大切さを先生から教えていただきました。

 

今回の講義の中では、まず座学で検査の内容、やり方、評価の仕方を学習した後、生徒同士で実際に検査を行いました。

検査は後で評価するというものではなく、検査を行いながら、評価も同時に行わなければなりません。

その1つ1つの項目の評価が難しく、且つ、子どもをどう退屈させず、疲労感を与えないよう進めていくかにとても苦戦しました。

また、子どもへの配慮に加え、保護者の方へ寄り添うことも大切であると改めて実感しています。

今回の検査に習熟したとはまだ自信を持って言えませんし、

習得しなければならない検査はまだまだありますアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

近道はありません。とにかく練習あるのみ!!

みんなで励まし合い、協力しながらこれからも頑張っていきます!

(文責:2年 平林)

↓ 言語発達障害学演習(私たちは「げんぱつ」と呼んでいます)のテキストです。

IMG_3496.JPG

 

<< 前へ>> 次へ