2017年12月 1日

寒サニモ負ケズ

2017年12月 1日

こんにちは!!師走に入りいよいよ年の瀬が近づいてきましたね。四年生は国家試験に向けて追い込み、三年生は学外臨床実習、私たち二年生も検査実習に授業にと、文字通り奔走しております。

 

さて、今回はとある授業での検査の一風景をご紹介したいと思います。

 

 IMG_3518.JPG

これはいったい何をしているのかというと、耳の鼓膜の抵抗、つまり柔らかさや耳の中の微細な筋肉の反応を見ています。この写真では見えにくいですが、ヘッドホンのほかに耳栓をしています。耳栓をして耳の中の気圧を目の前にある機械がコントロールして測定しているのです。

気圧がコントロールされている間は、耳が飛行機に乗った時のような詰まった感じになり、

つばを飲み込んだり話したりしてはいけないので飛行機などに乗り慣れてないと、きついかもしれません、、、、

 

 

二年生も後期の終盤にさしかかり、日ごとに学ぶことややることは増えていって四苦八苦していますが同時に日々一歩ずつ成長も感じています。

余談ですが、前々からこのブログでも何度か紹介している、SLTA(標準失語症検査)の検査実習が、今週から学外の協力者さんのご協力のもと始まりました。今こそ練習してきた成果を見せる時!このイベントを乗り越えた時、今よりもきっと確実に将来の夢である言語聴覚士へと近づいていけると思います。

 

これから寒さも増していくかと思います。皆さん体調にお気を付けて。それでは、また!

 

(文責:二年・三浦)