サウンドスペクトログラムとは

2018年10月19日

こんにちは。

 

今回は、サウンドスペクトログラムについて紹介します。

 

現在、私たち2年生は、呼吸発声発語系の構造・機能・病態という講義でこのサウンドスぺクトログラムを扱っています。

 

サウンドスペクトログラムとは、音声を音声分析ソフトに録音し、録音された音声を図にしたものです。

このサウンドスペクトログラムを使えば、その人の声の性質を視覚的に観察することができます。

 

下の写真が実際に音声分析ソフトに音声を録音している様子と、母音/a/ /i/ /u/ /e/ /o/のサウンドスペクトログラムです。

 

IMG_3631.JPG

 

 

IMG_3632.JPG 

 

母音のサウンドスペクトログラムの写真から、それぞれの音で異なる図になっているのがわかります。

どうして、それぞれ違う図になっているのか?それは、母音を発音する際の3つの条件が関係しているからです。その3つの条件とは、舌の前後位置、開口度、唇の丸めです。例えば、/a/と/i/は、唇はどちらも丸めません。しかし、/a/の舌の位置は後ろ、開口度は広い。/i/の舌の位置は/a/よりも前、開口度は狭いという違いがあります。皆さんもぜひ違いを確かめてみてください。

このような少しの違いから、サウンドスペクトログラムは変化します。

 

陽が出ている時間が短くなり、少しずつ気温も低くなってきました。皆さん風邪などにかからないように気をつけてください。

(文責 2年・糸平)

 

 

<< 前へ>> 次へ