祝 新入生の皆さん、ご入学おめでとう!

2015年4月10日

00000002.JPG000000001.JPG4月6日(月)、平成27年度の入学宣誓式が挙行され、本学科には12名の新入生が仲間入りしました。

学科のオリエンテーションでは、新入生は一人ずつ堂々と大学生活に向けての決意や抱負を発表しました。茶話会では、教員や保護者、上級生達を交えて和やかな雰囲気の中で語り合いの場をもつことができました。

これから4年間、みんなで夢に向かって頑張っていきましょう!!(写真・文:子ども保育福祉学科4年生・加藤)

 

 

卒業を祝う会

2015年3月25日

3月19日(木)学位授与式終了後、社会福祉学部 子ども保育福祉学科では

H26年度・学科卒業生と学科教員とが参加する「卒業を祝う会」が、市内パーティ会場を貸し切り開催されました。

P3190215.JPG

P3190222.JPG

             女性の卒業生は、あでやかにドレスアップして参加。

          「日ごろのジーンズ姿の学生さんたちと同一人物?」と見違えるほどした。

 P3190226.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 「卒業を祝う会」では、ごちそうを囲み卒業生と教員とが4年間の思い出、将来などについて語り合 いました。 

  P3190228.JPG    

      P3190230.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

  P3190229.JPGのサムネール画像のサムネール画像

   P3190231.JPG

 

 

 

 

 

 

 

  P3190227.JPG

卒業生の皆さん、4月からは新社会人として頑張ってください。

次は、同窓会を企画し交流しましょうね!

                                            文・撮影責任: 黒須

 

保育実習、頑張っています!

2015年2月26日

767676.JPG 2月16日から2週間、本学科の2・3年生は、延岡市内を中心とした県内外の保育所(園)で保育実習を行っています。

 2年生は初めての実習で、最初はやや緊張気味の学生もいたようですが、手遊びや絵本の読み聞かせ等に積極的に取り組んでいました。

 3年生は、2回目の実習ということで、これまでの経験を活かしながら研究保育に向けて指導案の作成や準備を頑張っていました。

 実習も残りわずかとなりましたが、学生の皆さん、最後まで笑顔で子ども達としっかり触れ合ってくださいね!(撮影責任・文責:加藤)

 

若いうちから柔軟なからだづくりを

2015年2月18日

123456.jpg0123456.jpgハムストリングスとは、大腿部後側の3つの筋肉群です。それぞれの筋肉の名称は大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋と呼ばれています。このハムストリングスの第一義的な役割は身体の移動であり、歩く、走る、跳ぶなどの基本的な運動を可能にすることです。アクセルの役目を果たし、別名ランナー筋とも呼ばれ、アスリートにとっても非常に大切な筋肉です。また、姿勢をまっすぐに保つのもこのハムストリングスが担っています。

しかし、日常的にそのハムストリングスを意識的にストレッチングすることは少ないのではないでしょうか。そこで,基礎技能「体育Ⅱ,Ⅲ」の授業で学生のハムストリングスの柔軟性についてチェックした所、中には極端に柔軟性に欠ける学生も見られました。授業の始まりには,体育館のステージの高さを利用し、バレエの要素を取り入れたストレッチングに取り組みました。息は止めずに吐きながら,痛みを感じる手前で留めておくというやり方で、無理なくそれぞれのペースを大切にしながらの実践でした。実践を重ねることで、かなりの効果も見られるようになりました。「継続は力なり」です。

なお、毎回の授業を通して学生たちは思い通りに自分自身の身体操作ができることと同時に、幼児の運動あそびの指導技術を磨いてきました。(写真,文責:甲斐玲子)

 

先輩たちの励まし

2015年2月16日

 P1000382.jpgP1000387.jpg

 

 当研究室には公務員を第一志望とする学生が在籍するケースが多いため、不定期ではありますが、公務員になった卒業生とゼミ現役メンバーとの間に懇談の席を設けています。

 それほど歳の離れていない先輩たちの仕事の様子を聴き、受験のアドバイスを受けることで、学生たちのモチベーションは高まってきます。そして、「僕たちだってやればできるかも!」との自信につながっていくのです。結果はどうあれ、いま頑張ることが大切なのです。

 この日は3名の先輩が参加してくれました。楽しく食事をしながら、キャンパスでのいろいろな話題で盛り上がり、時間のたつのも忘れるほどでした。

(文責・写真:登坂)

社会福祉士国家試験 

2015年1月19日

 

         no1.JPG

no2.JPG

           

  社会福祉学部では社会福祉士国家試験を受験する4年生に対して、校内模試を実施しています。常時、受験勉強の相談に応じる支援室も設置されています。また、社会福祉士国家試験を支援する担当教員が学生一人ひとりと個別面談を行い、自己学習の進み具合や受験勉強の取り組み方の相談に応じています。

子ども保育福祉学科では、今年度12名の学生が社会福祉士国家試験を受験します。卒業論文の完成で忙しい中、受験する4年生は夜遅くまで受験勉強に取り組んでいます。また、来年度受験する3年生にも受験勉強の支援を行っています。(文責・写真 井上)



 

追い込み

2015年1月 7日

009.JPG

追い込み

 現在、学科の4年生が社会福祉士国家資格試験を目指し頑張っています。年末年始も休むことなく、受験勉強用に開放された講義室に詰めて、追い込みに励んでいます。1月末の試験まで残すところあと20日余り。文字通りのラストスパートです。

 国家資格試験は厳しいものです。合格して資格を取得できるか否か、結果はどちらかしかありません。1点不足で落ちたとしても不合格は不合格。今までの努力が報われるかどうかは、試験当日の出来如何にかかっています。そのためにも悔いのないよう、最後の瞬間まで諦めず。焦らず、こつこつ努力を尽くしてもらいたいと願うばかりです。頑張れ、受験生! ※写真は昨年末12月28日の様子です。

(写真撮影・文 上農)

 

保育実習Ⅱに向けた模擬保育授業を実施

2015年1月 7日

017.JPG 3年生は,来る2月中旬に2週間の保育実習を予定しています。現在,この実習のための事前指導が行われていますが,実習を間近に控えた3年生にとって何よりも気懸りは研究保育のことです。研究保育では,園児たちの様子を見ながら保育指導計画(指導案)を作成し,その指導案に基づいて自力で保育をすることが求められます。そこで事前指導では,指導案作成のための指導を受けたのち,学生一人ひとりが実際に指導案を作成し,他の学生たちに園児の役割を演じてもらいながら,模擬保育を実施しています。実際の模擬保育では,ひたすら園児になりきろうとする他の学生の助けを借りて,緊張しながらも笑顔を絶やさず,一生懸命取り組む姿が見られました。

                                        写真撮影・文章 元木久男

 

砂場での演習

2014年12月 2日

砂場演習授業4.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像砂場演習授業3.JPGのサムネール画像のサムネール画像11月28日「基礎技能(美術Ⅱ)」の授業では、幼児の造形活動の学びとして砂場遊びを体験しました。幼児期に水や土に触れる体験は、その発達・成長に大きな意味を持ちます。本学科では衛生的に安全性の高い専用の砂場と、様々な幼児用の砂場セットを用いて演習授業を行っています。子どもになりきって体験を自分のものにしてみること、また保育者としてどうのような配慮が必要かを考えることなど、課題は体験後のまとめで学習します。何より、子どもの視点に立って夢中で砂場遊びに取り組める学生たちの感性に、さすが本学科の学生たちだと感じ、うれしくなりました。(写真責任/文責 安原)

                                      

保育実習Ⅰ(施設)報告会

2014年11月22日

保育実習報告会Ⅱ.jpgのサムネール画像保育実習報告会.jpg夏休みの12日間、3年の学生たちは、障がい児者施設と児童養護施設において保育実習Ⅰ(施設)を行いました。

学生たちは、現場で様々な学びを得て大学に戻ってきました。

後期、その学びを事後指導でさらに深め、そのまとめとして実習報告会において一人ずつ発表しました。

将来の保育士として今回の学びをボランティアなどでさらに深めたいという意欲的な発表を聞きうれしくなりました。

お忙しい中、施設長をはじめとして指導してくださいました職員の皆様に感謝申し上げます。(文、写真 松原由美)