2011年4月

心理学は面白いですよ

2011年4月27日

みなさん、はじめまして。臨床福祉学科で心理学関係の授業を担当している前田直樹と申します。

私が担当している心理学という学問は、一般的なイメージと本来の内容が大きく異なる学問です。実際に授業を行うと、学生から「心理学がこのような内容だとは思わなかった」という感想をよくもらいます。

 

greece.jpg

 

 

心理学は「相手の心を読む」とか「相手が何を考えているのかを当てる」という学問だと一般的には思われているようですが、実際は学習や知覚などの基礎の内容から個人の心理療法やカウンセリングなどの応用分野に至るまで幅広く勉強しなければなりません。

一般的な心理学のイメージと実際の内容が異なっているせいか、最初は多くの学生が「私が学びたいのはこんな内容ではなかった」とショックを受けます。しかし、内容が進むにつれ、心理学の奥深さに興味を示してくれる学生もいます。私自身もかつてはそのような学生の一人でした。

心理学は一般に考えられているような「相手が何を考えているか当てる」ための学問ではありませんが、人間の心と身体に関する非常に興味深いものであることは間違いありません。興味のあるなしに関わらず、みなさんも一度心理学に触れてみてはいかがでしょうか。心理学は面白いですよ。

前田直樹

精神保健福祉士をご存知ですか

2011年4月27日

私は、大学で精神保健福祉士の養成に携わっています。

社会福祉士や介護福祉士については聞いたことがあるが、「精神保健福祉士という資格は聞いたことがない」という方が多いかもしれません。


minivolley.JPG

精神保健福祉士とは福祉に関する専門的知識や技術をもって、精神障害者やその家族の方々に対し相談、支援行うソーシャルワーカーです。精神保健福祉士は国家資格です。


精神保健福祉士は主に精神科病院、精神科クリニック、社会復帰施設(障害者相談支援事業所、障害者就労支援事業所、及び障害者居宅支援事業所等)に勤務しています。

日本では精神障がいや精神障がい者に対する正しい知識を所持する人が少なく、精神障がい者を「怖い人」「変わった人」と誤解している方が多いように思います。その理由の一つに、実際に精神障がい者と交流した経験がない人が多いことが挙がります。

つまり、精神障がいについての正しい知識や情報を持たない上に、精神障がい者との交流経験がないことが、地域住民の方々が精神障がい者に対する偏見を抱く要因となっているのです。

実際に私の交流経験から、精神障がい者の方々は真面目な、心優しい方が多いなと私は感じています。また、精神障がい者の方々との交流活動を通して、本校の学生さんからは「精神障がい者に対して、特別なイメージを持っていたけれど、ふつうの人だった」「精神障がい者に対して自分が偏見を持っていたことに気づいた」という声をよく聞きます。

 

xmas.JPG

 

 

精神障がいをもつ方々が地域住民の偏見や差別を受けることなく人権ある社会生活を営むことができるよう日常生活の相談、支援を行うことが、精神保健福祉士の重要な役割です。

黒須依子