2013年5月24日

これまでの卒業研究のこと。そして、今年も4年生が本格的に取り組み始めました。

2013年5月24日

本学臨床福祉学科では、4年間のまとめとして卒業研究をします。

言い換えると、卒業研究をしないと卒業させてもらえません。

自分で研究テーマを決めて、論文にまとめるのです。

 

そのため、3年生になると、卒業研究の指導をしてくれる先生を決めます。

いわゆる「専門ゼミを決める」というものです。

その先生に3・4年生の2年間指導を仰ぎつつ、時には就職など卒論以外(恋愛相談にものってくれる先生もいます♪)の相談もしつつ、卒業式を迎えます。

 

私はその指導を受け持つ先生の1人で、「臨床心理学」が専門です。

去年、私のゼミを卒業した学生が100名を超えました。

学生たちも私もがんばったなぁと思います。

 

夜遅くまでがんばったこと・・・

勉強したはずなのに、初めての調査にどうしてよいかわからず悩んだこと・・・

調査を頼みに行ってドキドキしながら説明したこと・・・

パソコンの中のデータと、とても長~いにらめっこをしたこと・・・

資料が見つからず完成させられるか心配になったこと・・・

失恋して、卒論のことなんて考えられなくなったこと・・・

卒業できるか心配になって書けなくなってしまったこと・・・

中間発表会・最終発表会で1~3年生に緊張しながら発表したこと・・・

全部が終るまではと禁酒したこと・・・

完成して友達と祝杯をあげたこと・・・

 

学生一人ひとりにいろいろなことがあって完成しました。

完成するころには、学生の顔がまた1つ大人びたような感じがしたものです。

 

学生それぞれが苦労してテーマを決めて取り組んだので、

一つひとつにとても思い出深いものがあります。

0(ゼロ)から何かを立ち上げるのはなかなか難しいのです。

この最後にあげた「田中ゼミ卒論 選びに選んだ10大テーマ」を見てください。

全部あげるとキリが無いので、迷いに迷ったあげく、選びに選んだものです。

テーマがあがらなかった卒業生の皆さん、どうか許してください!!!

 

「母性は本能であるか」を研究した卒業生は、

その後、かわいい花嫁となり、

子どもを産むたびに、

「先生、母性は本能ですよ!カワイイ!」

「母性があっても忍耐力に欠ける自分・・・(泣)」

「上の子が小学校に入学しました」

と、子育てに奮闘するステキなママになっています。

 

ゾンビーズやもののけ、エヴァ、明智や織田の歴史上の人物など、

これがマジメな卒論?

と不思議に思うかもしれないものもあります。

心理学では、これらもマジメな研究の対象です。

 

レンタルした映画を9時間も見続けたり・・・

歴史資料の古い文字が読めずに、?????・・・

登場人物の関係の複雑さに頭が混乱したり・・・

「こんなの知らない」という担当教員(私のことですが)への説明に苦労したり・・・

 

これらはこれらでなかなか手ごわいのです。

 

今年も4年生が本格的に卒論に取り組み始めました。

状況は、ここで、またご披露したいと思います。

 

それまでに少しでも進めてほしいなぁ・・・

これから催促のメールでもするかなぁ・・・

 

何より、応援をよろしくお願いします。

 

文責:田中陽子

田中20130524.png