2013年5月

臨床福祉学科で介護を学ぶ

2013年5月14日

みなさんこんにちは

 

やっと暖かくなってきたように思いますが、コタツなどはもう片付けましたか?

寒がりな私の家では、コタツを片付ける勇気がなく、このブログを書いている今もコタツに入って書いています。

 

今日は「介護コース」についてお話します。

介護福祉士の国家資格の受験資格を取得するためには、2年間の専門学校でも可能です。

「大学で4年間も」と思われるかもしれませんが、4年間ならではの理由があります。

 

1つ目は、社会福祉士の受験資格も取得できるという、つまりWライセンスの取得が可能であるということです。「超高齢社会」になっている日本。今後も今以上に高齢者が増えてきます。「介護ロボット」なども開発されていますが、「人」はやはり「人」が介護するのがいいと思いませんか? 微妙な手加減はロボットではできません。

介護福祉士を持っている社会福祉士、社会福祉士を持っている介護福祉士 どちらをめざしますか?

 

2つ目は、リーダー的な、指導者的な、教育者的な介護福祉士を4年間かけて養成していることです。卒業生の中には、施設長になったり、介護士長になったり、いろいろな部署でリーダーとして頑張っています。

 

固いお話ばかりになっていますが、「介護コース」で一番いいのが、みんな仲良しということです。1年生より、グループで演習したり、いろいろな学生と実習に行ったりと、みんなで苦楽?を共にしています。キャンプに行ったり、実習が終わったら飲み会したり・・・と教員の知らないところでも集まってワイワイしているようです。

 

オープンキャンパスが、7月14日(日)と、8月25日(日)にあります。

この雰囲気をぜひ体験してみてください。

学生と共にお待ちしております。

 

次回、このブログでお会いするときには、授業の様子や学生との○○会の様子など、写真もあわせてお話します。

 

臨床福祉専攻 介護福祉コース    稲田弘子でした

地域貢献

2013年5月10日

こんにちは みなさん

 

臨床福祉学科のことをもっと皆さまにわかってもらうために、頻繁にブログをアップすることにしました。教員や学生が、いろいろ情報提供していくので、よろしくお願いします。

 

我々の学科の教員や学生は、様々な地域貢献をしています。宮崎県の中山間地は高齢化が進み、人口流失も大きな問題になっていますが、人々がその地域に定住して、安心して暮らせるにはどうしたらよいかを探るのも一つの活動になっています。

 

先日、その活動の一つの拠点である日之影町に、教員、学生が行ってきました。「棚田まつり・森林セラピーウォーキング」に参加するためです。昔トロッコが走っていた道を7キロほどあるのですが、天気も好く、本当に気持ちの良い一日でした。また、煮しめやお酒のお接待やパフォーマンス、餅まきもあり、わたしなどはそれが楽しみで、ほぼ毎年参加しています。

IMG_4095.JPG

(川の水と山の緑のコントラストが見事です。)

 

 

IMG_4110.JPGIMG_4098.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(餅まきでお化粧状態の教員) 

 

                                                      (ジャグリングのパフォーマンス)

 

学生たちも多いに日之影町の自然を満喫していました。我々はよく、調査などで学生たちをこういう中山間地に連れ出します。都会で育った学生たちは、携帯が通じ、コンビニがないと生きていけないように思っているのもいます。そうではなく、山の中でも人は普通に生きていけるし、その生活に満足している人たちもたくさんいることを理解してもらいます。世の中に様々な価値観があることを教えるのも、我々の学科の重要な教育目標の一つです。

臨床福祉学科 新入生歓迎会が行われました

2013年5月 7日

4月13日に、臨床福祉学科の新入生を歓迎する会が、華々しく開催されました。この会の目玉は「お肉」。3年の学生の実家が養豚業をやっているというので、彼に肉の調達をお願いしました。そしたら豚肉だけでなく、牛肉、鶏肉も調達してくれて、総量は約25キログラム。それもよいところばかりを厳選して持ってきてくれたのです。さらに野菜やシイタケは、先輩学生が民泊の調査でお世話になった日之影町まで出かけて行って、大量に仕入れてきました。地産地消で新入生をもてなそうというのです。その料理は、先輩や教員が行いました。あまり料理をしたことのない学生が多い中、先生たちの指導の下、様々な料理ができました。まさに手創りの歓迎会となりました。

どんな同級生、先輩がいるのだろうと不安な気持ちで入学してきた新入生も、この会を通して多くの学生と知り合えたようです。もちろん先生たちとも顔なじみなりました。大学に早く慣れ、実りある学生生活を過ごしてもらいたいものです。

2013050701.jpg絶品のお肉と野菜です。 

2013050702.jpg

先輩や教員が料理に奮闘中

2013050703.jpg屋外での歓迎会に絶好の日和

2013050704.jpg

高級牛肉はまたたく間になくなりました。

2013050705.jpg

腹ごなしのドッジボール。結構熱くなりました。