2014年5月23日

精神保健福祉士になろう パート② ~精神科病院見学研修~

2014年5月23日

 本学では、精神保健福祉士養成において様々なプログラムを実施しております。

 今回は、宮崎県北地域の精神科病院(6施設)にご協力いただき、精神科病院の見 学研修をさせていただきました。

 研修では、各病棟や支援活動の様子を見学させていただくとともに、病院で勤務されている専門職の皆様からお話を伺いました。

 

 nisida0201.jpg

今回、見学させていただいた精神科病院6施設のなかの1施設国見ケ丘病院(高千穂町)の玄関先での一コマ。笑顔で出迎えてくださった方は、本学卒業生の矢口夏希さん。精神保健福祉士として活躍されています。

 

nisida0202.jpg

事務長の馬崎敦士さんが国見ケ丘病院の概要をご説明くださいました。

 馬崎さんは、精神保健福祉士の資格も有しておられます。

 

   nisida0203.jpg    nisida0204.jpg

院内見学の様子①(写真左) 初めて精神科病院の診察室を見学させていただき、学生は少々 緊張気味・・・

院内見学の様子②(写真右) 地域連携課課長 甲斐邦宏さんがデイケア・デイナイトケアについてご説明くださいました。

 

nisida0205.jpg

院内見学の様子③ 精神科病院には、常時開放されている開放病棟と、患者さんの治療のために施錠が必要な閉鎖病棟があります。今回は、その開放病棟、閉鎖病棟を見学させていただき、職員の方々からお話を伺いました。

 

nisida0206.jpg

nisida0207.jpg先輩精神保健福祉士の矢口夏希さんが学生の様々な質問にご回答くださいました。

 「精神保健福祉士として働くなかで感じるやりがいは、やはり患者さんが回復されて、患者さんやご家族が笑 顔になってくださること。実習は大変だけど、がんばってください」とエールをくださいました。 学生は現場実習に対する心構えを新たにしたようです。

 

 

 今回、精神科病院見学研修にご協力いただきました施設の皆さまに心よりお礼申し上げます。臨床現場で活躍されている職員の皆様の姿は、学生の目標です。どうぞ、今後ともご指導よろしくお願い致します。

 以上、精神科病院見学研修レポートでした!

臨床福祉学科 西田美香