哲学者のつぶやき ~其の十九~

2014年7月23日

夏。

 

日本列島、北から南まで、全て夏である。

そんな中、いっぺい先生の後輩の結婚式に出席するため、京都を訪れた。

1月の広島、5月の高知、そして今回の京都と、上半期で早3度目の披露宴である。

いっぺい先生は、またまた主賓の挨拶を頼まれている。しかし哲学者は新郎新婦を愛で、料理と美酒に酔えばよい。

七年ぶりに訪れた古都京都は、やはり身体にまとわりつくような暑さで哲学者を歓迎してくれた。


披露宴の翌日、用意していただいた平安神宮傍の旅館の、その見事な庭園に、しばし暑さを忘れることができた。

 


kurisu20140301.jpg


「ここでしばし涼をとった後、近くにある『哲学の道』を散策しよう」と、いっぺい先生が言い出した。

こんなに暑いのに。70歳なのに。


・・・仕方ない。老いては、いっぺい先生に従え、である。

 

とうとう哲学の道に来てしまった。

「哲学者が哲学の道を歩く」という、恥ずかしいコンセプトである。

しかし、12時の新幹線に乗らねば、という焦りと、京都の暑さで、入口だけで引き上げることとした。ありがたい。

 

kurisu20140302.jpg       kurisu20140303.jpg

 

そう、哲学者にとって、哲学の道はあまりにも遠かったのである。

<< 前へ>> 次へ