2014年10月

同窓会

2014年10月27日

先日、中学時代の同級会に参加してきました。この頃こういう会のお誘いが増えて来ています。還暦を迎え、人生を振り返ってみようという人たちの思いがなせる業でしょう。ただ、集合場所が山形県赤湯温泉というところで、延岡からだと行くだけでも大変です。でも、あとはいつみんなに会えるかわからないと思ったので、参加してきました。我々の中学校は宮城と山形の県境の山奥の小さな村にあったので、1年から3年までみんな一つのクラスで過ごし、総勢が33名でした。そのうちの23名が参加し、なんと出席率が約7割となりました。同級会で7割というのは本当にすごいですね。私は海外に15年も出ており、その後に延岡という離れたところに来て10年以上経つので、多くの人とは数十年ぶりでした。

話しているといろいろなことに気づきます。参加した人たちの仕事は本当にみんなバラバラです。ラーメン屋さんもいれば会社の経営者もいる。学校の先生もいれば農業やっている人もいます。みんなそれぞれにその仕事の顔になってきています。ただ、共通話題というと中学時代の話しかない。昔の仲間だから安心感はあるのですが、何か表面的な話ばかりなってしまう傾向がありました。

しかし、大学時代の同級生は違います。仲間という安心感ばかりでなく、多くの仲間がおおよそ理解できる仕事に就いているので、話していてもすぐに共感できます。だから話もどんどん盛り上がっていく。やはり大学時代の仲間が一番いいなと思った次第です。このブログを呼んだ高校生の方々は、本学に来てそんな仲間をいっぱい作ってほしいものですね。

ちなみにわたしは来月に大学時代のクラブの同窓会に出かけます。去年が松山で、その前は仙台に集まりました。そして今回は金沢です。大学の仲間と会うのであれば、どこへでも出かけます

 

 

akiba0301.jpg

 

 

 

(私が育った村の風景。冬になると2メートル近い雪が降り、中学にはそんな雪の中を4キロ歩いて通ったのでした。)

 

文責 秋葉 敏夫

生活支援技術演習(家事)

2014年10月23日

介護福祉コースの稲田です。

 生活支援技術演習(家事)の1コマです。

 生活を支える介護福祉士になるためには、お裁縫もできなくては困ります。例年のごとく、「雑巾」を縫いました。

 みんな真剣に雑巾を作成していました。

  

inada201400301.jpg

 

 

inada201400302.jpg

今は、雑巾も「買う」時代です。雑巾を縫ったことのない学生がほとんどです。

  

inada201400303.jpg

 

 

inada201400304.jpg

まあ、糸の長いこと

  

inada201400305.jpg

とても不思議な縫い目です?

 

inada201400306.jpg

 

 

「玉どめ」と言います。

 

学生が90分かけて一生懸命作った雑巾。学生の好意で大学に寄付してくれました。

大事に使わせていただきます。

トイレの花子さん 3  白い色は何の色

2014年10月22日

今回のトイレの花は,「白い花」でした。(本当は,写真を入れたかったのですが,きれいに写っていなかったので,残念ながら割愛します。)

 

白い花でまず思い出す歌は,まず「白い色は恋人の色」です。ハワイ出身のベッツィ&クリスという女性デュオが歌っていました。♪花びらの白い色は 恋人の色 なつかしい白百合は♪という歌い出しで,ややたどたどしい日本語で,きれいなハーモニーを聞かせてくれていました。作詞は北山修さん。加藤和彦さんらとフォーク・クルセダースを結成し,「帰ってきたヨッパライ」が大ヒットしました。グループを解散した後,彼の詞に加藤和彦さんが曲をつけたものです。

 

実は,このコンビは,フォークル時代に,「花の香りに」という作品を発表しています。♪娘がつんだ白い花 髪にからませ 別れます 白い花は ふるさとの 想い出の花♪

 

トイレの白い花を見て,この2曲が頭に浮かびました。そして,北山さんの作詞でヒットしたものに「花嫁」があります(はしだのりひことクライマックス)。この歌詞にも白い花が使われていると思っていました。念のために,歌詞を調べてみると,♪小さなカバンにつめた 花嫁衣装は ふるさとの丘に咲いてた 野菊の花束♪であって,「白」という言葉は使われていなかったのです。ただ,恐らくこの歌を聴いたほとんどの人は,野菊の花の色は白だと連想していたに違いない,と思うのは私だけではないような気がします。

 

九州保健福祉大学は変わりつつあります。グランドには芝生が植えられました。

 

 

DSCF9588.jpg

 

これは6月下旬に一般の方をはじめ,本学の学生・教職員のボランティア活動で植えられたものが根付いたものです。植えてから現在まで関係者によるこまめな手入れの結果,ここまで成長しました。

また,新学部生命医科学部の建設工事も始まりました。

 

 

DSCF9590.jpg

 

まもなく,11月1・2日には大学祭です。ぜひ,お越しください。

 (文責)長友道彦

地域住民との協働

2014年10月20日

 

臨床福祉学科 山﨑きよ子

 今、我が国では認知症のお年よりが行方不明になり、何年も家族と会えなかったり、また死亡して見つかることが多くなって、社会問題化しています。この問題は、行政だけの責任でもなく、また家族だけの責任でもありません。地域がこの問題に他人事ではなく自分の身近な問題ととらえ、出来る限り協力していくことが求められます。

 このブログでも取り上げてきましたが、学生と住民のみなさん、そして地域包括支援センターという福祉専門職センター職員合同の勉強会や机上訓練などを経て、9月26日いよいよ、認知症徘徊声掛け保護訓練を実施しました。

 地域の公民館に集まったのは地域住民、学生、地域包括支援センター職員、行政職員、社会福祉協議会職員のみなさんでした。また、地元新聞、ケーブルテレビのスタッフも取材してくれました。

 専門職のみなさんと地域住民から選ばれた、女優(?)俳優(?)6名が徘徊者になり、6チームが探しに行きました。学生は探す道すがら、獣道や、側溝等の危険個所を点検し、スマートフォンで写真に撮り、公民館のパソコンにその都度送ってきました。学生の一人は送られてきた画像を整理していく作業をしました。

 

 

yamasaki0401.jpg

出会いがしらに車とぶつかりそうな路地

 

yamasaki0402.jpg

急な坂道

 

 

yamasaki0403.jpg

無事に見つかった模擬の徘徊者の方々は住民のみなさんの声かけにより上手に公民館に誘導されて帰ってきました。

そのあとは、住民同士で話し合いが行われ、学生はそれぞれの班に配属され、住民の意見をカードにまとめていきました。

最後に意見を模造紙に張り付け学生からまとめの発表を行いました。また危険個所、徘徊者を見つけた時の動画を映写して確認していきました。

今回の訓練は地域住民の地域を守りたいと言う意識の高さを引き出したと同時に、IT技術に長けた学生が役立つものとなりました。

いろいろな世代の強みを発揮できたよい訓練だったと思います。

4月から長期計画を立て、ここまでの準備を率いて下さった南方地域包括支援センターのみなさん、ご苦労様でした。

介護コースの風景~その四~

2014年10月 7日

こんにちは、介護コースの清水です。

 夏期休暇が終わり先週から大学にも活気が戻ってきました。

 

学生もクラスメイトに会えてどことなく嬉しそうに見えます。


 さて、介護コースでは4年生が社会福祉士国家試験の対策で毎日勉強を頑張っています。そんな中、4年生が試験日までの日めくりカレンダーを作成していました。

 介護コース4年生全員の顔写真がカウントダウンに花を添えています。

 

この日めくりカレンダーは、日替わりで先生方からのありがたいメッセージやクラスメイトからのメッセージが書かれており、試験日までの110日を乗り切る原動力となることでしょう。

 

写真は、完成した日めくりカレンダーと一緒に記念撮影。

 受験者全員が試験突破できますように。

 

 

shimizu0401.jpg