【ようこそ!臨床心理専攻へ!】(1)スタッフ紹介!

2015年6月 1日


katokensuke20150601_01.JPG


リレーコラム『ようこそ!臨床心理専攻へ!』。第1回は、担当教員の「自己紹介」です。「出身地」「経歴」から「専門分野」まで、担当する教員から、ひとことずつ、いただきました。
----------

 

katokensuke20150601_02.JPG

田中陽子(たなか ようこ)です。社会福祉学部では学校の先生になるための科目を、臨床心理専攻では<カウンセリング分野>の科目を、主に担当しています。


出身は、宮崎県延岡市。筑波大学第2学群人間学類心理学主専攻を卒業後、筑波大学教育研究科で修士課程を修めました(教育修士)。九州保健福祉大学には、開学時から勤務しています。


専門は、カウンセリング(臨床心理学)。「臨床心理士」の資格のないときから活動をはじめ、取得した後もずっと、子ども、親、学校の先生の困ったことを解決すべく、日々研究・実践をしています。

現在は、小・中・高校に、話の聴き方やココロのこと、親子関係などの講話をしに行ったり、たまに「月刊 児童心理」(金子書房)に原稿を書いたりしています。


しかし、人のココロはまだまだ掴みきれません。一緒にココロの不思議を学びませんか?
----------


katokensuke20150601_03.JPG

横山裕(よこやま ゆたか)です。大学基礎科目の倫理学と臨床心理専攻では<カウンセリング分野>の科目を主に担当しています。


出身は、宮崎県延岡市。九州大学文学部哲学科中国哲学史専攻を卒業後、九州大学大学院文学研究科にて、修士課程を修めました(文学修士)。九州保健福祉大学には、1999年4月から勤務しています。


専門は、中国哲学(先秦諸子思想)。中国古典から、人の「生き方・福祉の根源」について研究しています。九州大学文学部、西南学院大学経済学部、九州保健福祉大学に勤務したご縁の中で、現在まで、多くの学生を社会に送り出してきました。元々の専門は中国哲学ですが、学生と一緒に福祉の現場に出て支援実践を積むためにCDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)、社会福祉士、精神保健福祉士、サービス接遇実務士を取得。現在、宮崎県教育委員会スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザーとして活動しています。


大学の4年間は大学卒業後の人生を大きく方向付けます。臨床心理専攻での学びを通じて、心のスペシャリストとして歩み出しませんか?横山は、そんなあなたを全力で応援します!

----------

 

katokensuke20150601_04.JPG

臨床心理専攻の前田直樹(まえだ なおき)と申します。出身地は地元宮崎県日向市で、大王谷中、日向高校を卒業後、鹿屋体育大学に進学しました。大学時代の専門はテニスで、その後同大学院に進学し、スポーツ心理学を勉強しました。

大学院修了後、イギリス帰りの指導教官の影響で、イギリスのリーズ大学大学院に留学しました。留学時代はコミュニケーション学を専攻し、メディアと心理との関係などを主に研究していました。

留学後、地元の九州保健福祉大学で学生相談室の非常勤相談員をしながら、就職活動を行っていました。その間、放送大学大学院臨床心理プログラムの1期生として通信で臨床心理士の資格を取得しました。

九保大の学生相談室で3年間非常勤勤務をした後、平成16年に臨床心理学の教員として採用されました。その後、現在まで10年間九保大で教員及び学生カウンセラーとして仕事をしています。

教員5年目の平成21に九保大の大学院の博士課程で不登校関係の研究を始め、4年後の平成25年に博士号を取得しました。

現在の私の専門は臨床心理学の中の行動療法という分野です。また最近は行動療法だけでなく森田療法にも関心があり、勉強しています。

私は大学の教員だけでなく、中学校のスクールカウンセラーを10年近くやっております。将来、臨床心理士やスクールカウンセラーに関心のある人は、臨床心理専攻で一緒に学んでみませんか。
----------

 

katokensuke20150601_05.JPG

加藤謙介(かとう けんすけ)です。臨床心理専攻では、<アニマルセラピー分野>の科目を、主に担当しています。

出身は、愛知県尾西市(現・一宮市)。滝中学校・滝高等学校を経て、神戸大学文学部哲学科心理学専攻を卒業後、大阪大学大学院人間科学研究科にて、修士・博士課程を修めました(博士(人間科学))。九州保健福祉大学には、2007年4月から勤務しています。

専門は、グループ・ダイナミックス(社会心理学)。「集団の変化」から、人の『心』について研究しています。大学院生の時に『アニマルセラピー』に出会ったご縁で、現在まで、人の「心」と「動物」がかかわるフィールドに関わっています。その歳月、はや10数年(!)。元々の専門である社会心理学だけでなく、「人と動物の関係」についても学びを深めるため、1級愛玩動物飼養管理士を取得。ヒトと動物の関係学会でも活動しています。

人の「心」と「動物」がかかわるフィールドは、学ぶほどに、自分の世界が広がっていくのを日々実感しています。よかったら、臨床心理専攻での学びを通して、自分の世界を広げてみませんか?

----------

 

「大学の先生って、いったいどんな人たちなんだろう?」と思っていた方。この記事を読んで、いっそう分からなくなってしまいませんでしたか(笑)?

ご覧のように、さまざまな専門・資格をもつ教員が、臨床心理専攻に関わっています。もし、もっと私たちから話を聴きたいと思われた方は、よかったら、土日見学会を申し込んでみてください。皆さんとお会いできるのを、教員一同、楽しみにしています!

加藤 謙介


katokensuke20150601_06.png

【ご案内】 臨床心理専攻での『学びの特色』『卒業生の進路』については、『臨床心理専攻で、目指そう!心のWライセンス!!』(2015年5月27日投稿記事)も、あわせてお読みいただければ幸いです。

 


<< 前へ>> 次へ