2015年9月

【臨床心理専攻リレーコラム:卒業生をご紹介!】(4)市役所・楠本隆秀さん

2015年9月30日

今回は、様々な現場で活躍する卒業生紹介の第4弾です。
今回ご紹介するのは、第9期生田中ゼミだった楠本隆秀さんです。

20150930tanakayoko01.jpg


楠本さんは卒業後、病院で働いていましたが、一念発起、今は地元長崎県のとある市役所の市民福祉課で働いています。市役所での1年目は高齢者福祉担当でしたが、今は障害福祉担当です。障害をお持ちの方への福祉サービスの支給決定や事業所が福祉サービスに適正にお金を使っているかなどの審査など、障害福祉に係る事務全般を行っています。

窓口や電話対応、訪問の際に、丁寧で分かりやすく笑顔で説明しよう、お話をしっかりお聴きしようと心がけています。そして、それが伝わって「ありがとう」と言っていただくのがうれしい瞬間です。特に、窓口に怒って来られた方が、笑顔でお帰りになるときには、大学で学んだ時間がとても有意義だったと実感するそうです。

彼は、入学後すぐからMSW(医療ソーシャルワーカー:医療分野の社会福祉士)になって病院で働きたいという目的意識をしっかりと持っていました。そのため、授業もボランティアもサークルもとても熱心に取り組んでいました。また、在学中から福岡県医療ソーシャルワーカー協会の学生会員になってネットワークを広げていました。そのような活動の合間に、電車賃をバイトで稼いでは県外で就活をしていた頑張り屋さんです。本学では、卒業式で、児童福祉・教育の先駆者 石井十次の人格とその理念を記念・継承することを目的に、福祉を学び卒業する優秀な学生に「愛の十次賞」が贈られます。楠本さんはその賞を手に卒業していきました。

20150930tanakayoko02.jpg(一緒に働いている方と)

学生時代はめいいっぱいやっていたように見えた楠本さんですが、今になってもっとやっておけばよかったと思うことがあるそうです。もっと多くの方と関わっておけばよかった!既定の実習だけでなく自主実習しておけば、もっと現場の動きや考え方を知ることができ、今の仕事に生かせることがたくさんあったはずです。また、専門性を深く突き詰めていけばいくほど無駄なことなんて1つもないと痛感しています。さらに、パソコン(最低でもワードとエクセル)を完璧に使いこなせると仕事の範囲が広がります。

今の職場には社会福祉士が少なく、日々の業務に追われています。しかし、与えられた仕事だけをするのではなく、その仕事の中から課題を見つけ、必要なことは問題提起することを常に心がけています。そうして、地域のニーズを把握し、市役所だけでなく広く関係機関と連携し、周りを巻き込みながら、誰もが住みやすい町をつくりたいと考えています。学生時代よりも少し大人になって、考えが広がりましたね。その成長はゼミの先生としてはうれしいことです。

20150930tanakayoko03.jpg

(友人の結婚式で田中ゼミで一緒だった松尾さんと)

楠本さんから皆さんへメッセージです。
「これから市役所の関係各課へ移動する中で、スキルアップし、地域から頼られ、信頼されるMSWになるのが夢です。将来の夢が決まっていない皆さん!ともにMSWを目指しませんか?」

文責 田中陽子

------------------------

20150930tanakayoko04.png

【ご案内-1】 臨床心理専攻での学びの特徴については、リレーコラム『ようこそ!臨床心理専攻へ!』も、あわせてご覧下さい。
(1)スタッフ紹介!(2015年6月1日公開記事)
(2)カウンセリングを学ぶって?(2015年6月8日公開記事)
(3)臨床心理士になるためには(2015年6月15日公開記事)
(4)スクールソーシャルワークって何?(2015年6月22日公開記事)
(5)「アニマルセラピー」を学ぶって?(2015年6月29日公開記事)

20150930tanakayoko05.png【ご案内-2】 Twitter/Facebookでも活動中!どちらも、アカウントを持っていなくても見ることができます。もしよかったら、『フォロー』や『いいね!』をお願いします!
[Twitterアカウント] 九保大・臨床心理専攻 @KUHW_psychology
[Facebookアカウント] 臨床心理専攻 九保大

卒業生のおめでたい席に出てきました

2015年9月15日

みなさんこんにちは。臨床心理専攻の横山 裕です。

大学のブログをいろいろと読んでいる人は、とっくに気がついているとおもいますが、ブログの話題として、卒業生の結婚披露宴は多いですよね。

教師にとって、卒業生はまさしく教え子で自分の息子&娘のようなかけがえのない存在なので、その結婚となると、本当に嬉しいものです。

それで、披露宴に招待されると、

1. 披露宴に招待されるということは少なくとも嫌われていないことが証明された(と教師が勝手に思うことができて嬉しい!)

2. 素敵なお相手と結ばれるということは、それはそういうお相手に選ばれるような立派な人間に成長したことの証明である(で、その基礎はきっと私が大学時代に授けた教育の賜物であると教師が勝手に思うことができて嬉しい!)

3. 披露宴には当然大学時代の友人たちがたくさん招かれており、プチ同窓会のようで、立派になった多くの「息子」&「娘」たちに会える(で、彼らがこんなに立派になったその基礎は~以下省略~)

などなど、教師冥利ぶしゃー、なので、披露宴のことはとにかく誰かに話したくてしょうがないのです。

それで、私も、先日、秋晴れの良き日に、「息子」の結婚披露宴に出席して、すごく幸せな気分にひたってきましたので、ご紹介。

20150915yokoyamayutaka01.jpg
新郎は、臨床福祉学科の一期生です。卒業後は地元延岡市役所に勤務しています。世界中の誰もが認める好青年です。

30歳すぎてもなかなか結婚の話がないので、私としては心配していたら、なんとまあ、これまた世界中の誰もが認める素敵な女性をちゃんと伴侶に見つけてきてご披露してくれました。

20150915yokoyamayutaka02.jpg


写真の私はすでに嬉しくてお酒が美味しくて楽しい気分になっていて恥ずかしいかぎりです。

ちなみに新郎のとなりも一期生で、去年、臨床福祉学科の後輩と結婚してお父さんになったばかりです。スマホには可愛い赤ちゃんの写真があって、何枚か見せてもらいましたが、これもまたまた教師としては感慨深くうれしくて幸せ無限大って感じで、さらにお酒が美味しくて完全なる酔っ払いになってしまいました。

20150915yokoyamayutaka03.jpg20150915yokoyamayutaka04.jpgこのあと出席していた卒業生の写真を撮ったら上手く撮れてません。(ツーショットが暗くなってすみません)

それにしても新郎を始め卒業生が立派な社会人として幸せな生活を送っているのを実感できて、教師として本当に幸せな時間を過ごすことができました。

このブログをよんでくれている高校生もしくは中学生諸君もいずれは運命の人と出会って結婚披露宴をすると思いますが、ぜひお世話になった先生(昔は恩師といったのですが)を招待してあげてください。絶対にうれしいので。

身びいきと言われることは重々承知の上ですが、臨床福祉学科の卒業生はみんなそれぞれほんとうに立派に幸せになっていると思います。

なぜなら、「福祉」のほんらいの意味が「幸せ」であるならば、それを学んだものは当然幸せになる。みなさんも臨床福祉学科で学んで幸せになりませんか?
そのためのお手伝いをよろこんでする教師がいっぱいいますよ。

教え子が幸せになるお手伝いを教師である私は確かにしている、ということを実感できた素敵な一日でした。しあわせな時間をありがとうございました!

20150915yokoyamayutaka05.png
【ご案内-1】 来る9月19日(土)福岡市天神の『エルガーラホール』にて、オープンキャンパスが開催されます。
臨床心理専攻でも、このための企画・展示を準備中です。お近くにお住まいの方・ご関心がおありの方は、ぜひ遊びにいらしてください!

20150915yokoyamayutaka06.png

【ご案内-2】 臨床心理専攻での学びの特徴については、リレーコラム『ようこそ!臨床心理専攻へ!』も、あわせてご覧下さい。
(1)スタッフ紹介!(2015年6月1日公開記事)
(2)カウンセリングを学ぶって?(2015年6月8日公開記事)
(3)臨床心理士になるためには(2015年6月15日公開記事)
(4)スクールソーシャルワークって何?(2015年6月22日公開記事)
(5)「アニマルセラピー」を学ぶって?(2015年6月29日公開記事)

20150915yokoyamayutaka07.png

【ご案内-3】 Twitter/Facebookでも活動中!どちらも、アカウントを持っていなくても見ることができます。もしよかったら、『フォロー』や『いいね!』をお願いします!
[Twitterアカウント] 九保大・臨床心理専攻 @KUHW_psychology
[Facebookアカウント] 臨床心理専攻 九保大

【臨床心理専攻のオープンキャンパス報告(8月分)】アニマルセラピー、やってます!(2)

2015年9月 1日

20150901katokensuke01.JPG

あっという間に1週間が経ってしまいましたが、去る8月23日に、オープンキャンパスが開催されました。

20150901katokensuke02.png20150901katokensuke03.PNG

7月同様、多くの方々に、9号棟での企画・展示を見学いただきました(写真をちょっと加工して、雰囲気だけでもお伝えします)。


個人的には、「帰り道にちょっと寄ってみました」という犬好きの方だけでなく、「アニマルセラピーを学べる専攻があると聞いて来ました」と、わざわざ足を運んでいただいた方が多かったような印象を受けました。今回の機会を通して、少しでも多くの方に関心を持っていただければ幸いです。


さて、今回は、9号棟の企画に「花」を添えてくれた犬たちをご紹介。

20150901katokensuke04.PNG

 

まずは、専攻で飼育しているココとマル。2頭とも、先日、6歳の誕生日を迎えたところです。

 

20150901katokensuke05.PNG

視機能療法学科・沼田先生の愛犬メグ(左)とヒスイ(右)。専攻開設当初からのお付き合いです。

 

20150901katokensuke06.PNG

臨床福祉学科・西田先生の愛犬くむ(左)と、トレーニング実習でお世話になっている豆柴・ハヤト(右)。どちらも大変な人気でした。


アニマルセラピーの効果の1つに、動物が人と人の関係をつないでくれる『社会的潤滑油効果』というものがあります。今回のオープンキャンパスでは、この6頭の犬たちがもたらす『社会的潤滑油効果』に、大いに助けてもらいました。

 

20150901katokensuke07.JPG

オープンキャンパス終盤は、マルもこんな有様でした(笑)。手伝ってくれた学生さんともども、ほんとうにおつかれさまでした!

 

20150901katokensuke08.png

そしてご案内です!来る9月19日(土)、福岡市天神の『エルガーラホール』にて、オープンキャンパスが開催されます。


あいにく本学からちょっと遠いので、さすがにココとマルを連れては行けませんが(笑)、臨床心理専攻でも、このための企画・展示を準備中です。お近くにお住まいの方・ご関心がおありの方は、ぜひ遊びにいらしてください!

 

加藤 謙介

----------

20150901katokensuke09.png

 

【ご案内-1】 臨床心理専攻での学びの特徴については、リレーコラム『ようこそ!臨床心理専攻へ!』も、あわせてご覧下さい。
(1)スタッフ紹介!(2015年6月1日公開記事)
(2)カウンセリングを学ぶって?(2015年6月8日公開記事)
(3)臨床心理士になるためには(2015年6月15日公開記事)
(4)スクールソーシャルワークって何?(2015年6月22日公開記事)
(5)「アニマルセラピー」を学ぶって?(2015年6月29日公開記事)

 

20150901katokensuke10.png【ご案内-2】 Twitter/Facebookでも活動中!どちらも、アカウントを持っていなくても見ることができます。もしよかったら、『フォロー』や『いいね!』をお願いします!

[Twitterアカウント] 九保大・臨床心理専攻 @KUHW_psychology
[Facebookアカウント] 臨床心理専攻 九保大