沖田ダムの森の中を歩きながら(5)

2017年6月25日

季節は梅雨入りしたものの雨の少ない毎日です。沖田ダムの小道も,春先の鳥たちのさえずりもちょっと静かになり,もうしばらくしたらセミなどがうるさくなってきます。1周約8㎞のコースの中で,ほっとする景色がこの写真です。起伏のある坂を登り,わずかに右に曲がった所に広がる山並みと湖面のコントラストが好きな場所の一つです。

 

6.5㎞風景.jpg

さて,深町純という音楽家との出会いは,その音楽よりもデビュー時のエピソードや音楽性に関する活字情報の方が早かった記憶があります。東京芸大を卒業を目前にして退学した話や初期の編曲がイギリスのポール・バックマスターを模倣しているといった非難めいた文章を読んだ記憶があります。

芸術の才能と大学卒という資格の相関関係の有無は難しいものがありそうです。芸術大学を出たからといって傑作を生み出せる訳もなさそうだし,一方では芸術大学に行くことで眠っていた才能が目覚めることもありそうだし...。

もう一つの音楽性に関しては,確かにポール・バックマスターの影響を受けていることは否定できないように思います。それは一口で言うと,チェロやコントラバスなどの低音の弦楽器を多用していることです。ポール・バックマスターは初期のエルトン・ジョンの編曲を担当しており,その特徴は低音楽器を使ったクラシカルな味わいにあります。エルトン・ジョンのバックを担当した作品があります。しかしながら,彼が編曲した作品の中で最も耳にする楽曲としては,ニルソンが歌った「ウィズアウト・ユー」だろうと思います。ちなみにこの曲はバッド・フィンガーというグループの作品をニルソンがカバーしたものです。両者を聞き比べると編曲の面白さも理解できると思います。

深町純の初期の音楽活動のうち,編曲に関しては上に記したようにポール・バックマスターのように弦楽器を多用しています。私のお薦めは井上陽水の2枚目のアルバム所収の「夜のバス」やアリスの「明日への讃歌」,そして後藤明の「春・夏・秋・冬」の3曲です。これらに共通しているのは,低音の弦楽器が躍動していることです。編曲を「歌い手を引き立てる」と定義すると,彼のアレンジは原曲を引き立てるどころか,歌手と堂々と渡り合っているというか,歌そのものよりもバックの伴奏に耳が行ってしまいそうなところがあります。まるで,歌手と同じように自己主張しているようにも聞こえます。それだけに聴き応えはありますが,制作者サイドからすると,依頼しづらくなるような面もあるのではないかと推測してしまいます。

その後の深町純はフュージョンと呼ばれる分野に活路を見出しますが,この分野については詳しくなく,また興味関心もあまりないので遠くから眺めているだけでした。ところが,数年前,彼が日本の唱歌等を出しているのをCD雑誌で見つけて,どのような編曲で聞かせてくれるかという興味が起こり購入しました。その時点では,深町純がオーケストラに編曲した唱歌集かなと思っていたのですが,聴いて驚きました。深町純のピアノソロによる演奏ですが,まさに彼ならではの自己主張の強い作品です。「抒情歌集」のレコードやCDは持っている方ですが,それらに共通するのは一緒に歌える,BGMとしても聴くことができるといった心を和ませる点だと思います。しかし,深町純の演奏は,装飾音を多用し,リズムも一定ではなく,魂を揺さぶるような演奏です。BGMどころか聴き入ってしまう演奏です。「Hert of the Country~心の抒情歌集」と銘打たれたこのCDには,赤とんぼ,故郷,浜辺の歌,早春賦,朧月夜,旅愁,故郷の廃家,冬景色,花,卒業式の定番だった仰げば尊し・蛍の光など18曲が収められています。彼は「中島みゆき作品集」も発表していますが,これも元歌に負けない骨のある作品です。CDの帯に「情念の天才ピアニスト深町純が底知れない知性とその狂気にも似た才能によって紡ぎ出す中島みゆきの世界」という表現がありますが,まさに言い得て妙だと思います。

低音の弦楽器を中心としたオーケストラ・アレンジで自己主張した深町純は,最後は自らのピアノ1台で自己主張して逝ってしまったのかも知れません。

今回のこのブログで紹介した楽曲のうち,アリスの「明日への讃歌」はメンバーの矢沢透編曲のものもあります。また,後藤明の「春・夏・秋・冬」は「TBS水曜劇場の時間ですよ」という2枚組に収録されています。このCDは『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』などの番組で使用された音楽を集めたもので,変化に富んだ収録曲でお買い得です。ポール・バックマスターについては,エルトン・ジョンの『マッド・マン』がお薦めです。井上陽水の「夜のバス」は『陽水Ⅱ センチメンタル』に収められています。最後に,ニルソンの「ウィズアウト・ユー」は70年代の洋楽を集めたCDなどに収められています。

臨床福祉学科 長友道彦 でした。

<< 前へ>> 次へ