2018年2月

無駄のすすめ

2018年2月23日

ブログの原稿を書きながら,「長友のブログは臨床福祉学科とどう関係するのか?」という疑問が生じているのではないかと危惧していますので,少々説明を…。

私は,本学で教員免許取得に関する授業を担当しております。教育に即効性を求める見解もありますが,私は,教育は時間のかかる仕事であり,教師は一見無駄と思えることにでも視野を広げておくべきだと思います。

私が過去に担任した生徒で不登校の傾向にある男子がいました。彼はトランペットが好きで,上手だったらしいのです。欠席している彼のもとへ家庭訪問して,出席状態のことや成績のことは抜きにして,まずは音楽の話をしました。それ以後,彼の状態が飛躍的に改善すれば,「スーパーティーチャーNAGATOMO」なのでしょうが,そうはならなかったものの,少しずつ改善して進級・卒業して行きました。後日談になりますが,姪の結婚式で,式場の応援スタッフとして賛美歌を吹いてくれている彼の姿があり,元気で頑張っているのだと喜んだ次第です。もし,私が音楽に興味がなく,彼との接点がなかったら…と思うと,ひょっとしたら彼の人生は変わっていたかも知れません。

また,私はクラスをオーケストラに擬えて考えることもありましたし,今もそうです。オーケストラの楽器の中で,演奏で(耳で)目立つのは第1ヴァイオリンです。弦楽器で目立つのはステージ後方で構えているコントラバスですし,その前に坐っている大きな楽器のチェロも分かりやすい。ヴィオラは?ヴァイオリンを一回り大きくしたもので,一見しただけでは判別しにくい。しかも音は縁の下的な役割が多いが,不可欠の存在である。管楽器では,フルートやトランペットは目立つ。オーボエ,クラリネットは?ファゴットは?ホルンは?パーカッションは?

色々な楽器がそれぞれの役割を果たしてオーケストラは成り立っている。学級(生徒)も同じだと思うのです。たまに耳にする話として,合唱コンクールがあります。優勝を目指すが故に,「自分は音痴だったから,口パクを命じられた」という人がいます。言語道断のことです。私だったら,その人には「普通に歌って良いよ」,他の級友には「~~さんに負けない大きな声で歌おうよ」と話すか,そう言ってくれる生徒が出てくるように根回しするだろうなと思います。クラスの生徒はそれぞれがかけがえのない存在だと思います。こうしたことからも,音楽(オーケストラ)は,私の教師としての生き方の原点の一つです。

また,教師という仕事は自分の専門とする分野に関する知識を深めていくことは勿論ですが,生徒たちに興味や関心を持って欲しい事柄に対するアンテナを広げておくことも大切なことだと思います。自分が読んだ本や映画・テレビドラマ,音楽,ニュース,新聞記事,さらには出逢った人などを紹介することは若い生徒たちにとっては必要なことです。生徒たちも取捨選択して,聞き流す生徒もいる反面,それをきっかけに変化が生じる生徒も出てくると思います。

このように考えると,色々な情報に対してアンテナを広げておくことは,人と接する仕事にはすべてに共通するのではないでしょうか。臨床福祉学科で取得できる資格には社会福祉士,介護福祉士,精神保健福祉士そして高校「福祉」免許などがありますが,これらはすべて生身の人を相手とする仕事ですから,専門的知識は言うまでもなく,一見無関係に思える様々な情報や知識を持っておくことも大切なことだと思います。

ということで,次回は⒓月・1月のコンサートの感想を書きます。

臨床福祉学科 長友道彦 でした。