ひなたの介護フェスタ2018

2018年12月19日

こんにちは。臨床福祉学科の清水です。

12月16日(日)、イオン宮崎ショッピングモールで「みやざきひなたの介護フェスタ2018」が開催されました。

介護福祉士養成校PRブースや学生たちとのふれあいコーナー、ステージではお笑いライブやみやざき犬のダンスショー、介護福祉士養成校のPRなどがありました。

九州保健福祉大学からは、ステージで田中美帆さんがPRしてくれました。

その内容を少しだけブログでお伝えしますね。

 

 

20181219.jpg

 

写真は、PR中の田中さんです。司会の方からのインタビューを受け、答える形で本学科のPRを行いました。

 

Q.自己紹介をお願いします。

九州保健福祉大学 社会福祉学部 臨床福祉学科3年の田中美帆です。

よろしくお願いいたします。

 

Q.なぜ福祉の仕事を目指しましたか?

小さいころにテレビで高齢者を助ける番組をみて、こんな風に人を助ける仕事をしたいなと思ったのがきっかけです。近所の高齢者の助けになるため、ごみ拾いなどのボランティアもしてきました。

 

Q.学校の特色は何ですか?

介護福祉士だけではなく社会福祉士も目指せるところで、4年間でじっくり専門的な学習ができます。先生方も介護や福祉の専門家だけでなく、建築士の先生や心理師の先生など様々な専門分野の先生から学べます。

 

以上です。しっかりと学校のPRをしてくれました!

介護の人手不足は社会問題の一つです。このようなイベントで一人でも多くの方が介護や福祉の仕事に興味を持ち、進路選択の一つにしていただければ嬉しいです。

<< 前へ>> 次へ