学科紹介

「資格は大切」という実感

2018年1月26日

先日、本学もセンター試験の会場となり、私も試験監督をしました。受験生も大変ですが、実は監督も大変なのです。全国の試験会場どこでも同じように実施しなければなりませんので、受験手引きにある説明の一言一句も間違えてはいけません。試験開始、終了の時間も1分、1秒たりともたがえてはならないのです。不正行為と思しきことは徹底的にチェックします。そして受験環境にも最大限の注意を払わねばなりません。手違いがあればそれが全国ニュースになり、世間の非難の的にもなります。とある大学では、試験監督が居眠りをしていびきをかき、それが静謐は受験環境を乱したということで、ニュースで取り上げられていました。本学はトラブルもなく、無事に済みほっとしました。

 

翌日の新聞に試験問題が掲載されます。私の受験時代は、いわゆる受験戦争まっただ中でしたので、それなりに勉強しました。でも、今や試験問題を見ても解けなくなっています。それを解いている受験生たちを見ると、すごいなと思ってしまいます。彼ら/彼女らはセンター試験の後に大学ごとの試験に臨んでいくわけですが、希望の大学に入れるよう、頑張ってほしいものです。

 

多くの人たちはこのセンター試験の結果によって私大へ行くか、国立へ行くかを決めるのでしょう。私大である本学と本学科の宣伝を少し。本学の目標は「社会に有為な人材を養成する」ことです。これを我々の学科の目標に置き換えると「資格を持った多くの学生を世に送り出す」となります。当学科では社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、公認心理師(準備中)の国家資格が取れます。

 

「資格」の強みはなにか。それは「一生もの」であることです。年をとっても体が動けば、ずっとそれを使って働き続けることが出来るのです。このうちの一つ、できる学生は二つもとれば、なんとか食うことは心配しないで生きていけるでしょう。実はこれがとても大切なのだと実感しています。なぜか。私自身、定年が近くなり、もうじき新たな仕事探しをしなければなりません。当学科で教員をやっていますが、私はこれらの資格を持っていないのです。いくつかの大学、大学院を出ているので、学歴は高いですよ。でも、これは高齢者の仕事探しにはあまり役立ちません。今更ながら、「資格」を取っておけばよかったと後悔しています。生きていくには「学歴」じゃないよ、「資格」だよと多くの人に声を大にして言いたい!!

大学選ぶときに、頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いです。

 

文責 秋葉 敏夫

教育講演会・地区別懇談会開催in本学

2017年10月16日

こんにちは。臨床福祉学科の清水です。

 平成29年9月16日に学校法人順正学園教育講演会総会及び地区別懇談会が本学で開催されました。

 

 今回は、地区別懇談会の様子を少しだけご紹介いたします。

 臨床福祉学科では、昨年度卒業した東倉希望さんをお迎えして卒業生体験談発表がありました。

 

20171016 01.jpg

東倉さんは現在、宮崎県社会福祉協議会で社会福祉士として働いています。

大学時代の4年次の体験談として、国家試験対策の話、就職活動の話などをしてくれました。

国家試験対策では、参考書を1冊に絞って、毎日大学にきて朝から夜まで演習室で仲間と問題を出し合いながら勉強したこと。参考書のどこに何が書いてあるかわかるようになるまで勉強すれば合格できること。

就職活動では、キャリアサポートセンターの職員や教員にサポートを受けながら乗り越えたこと。などなど。

現在は、大学で学んだことが活かせる仕事をしており、同じ福祉を学んだ大学の仲間と時々話して仕事の活力になっているとも話していました。

 

20171016 02.jpg

そのあとは、担当教員と保護者の方々との懇談会を行いました。

本学では、このように保護者の方と学生のお話をする機会を設けています。

成績のこと、学生生活のこと、就職活動のこと、資格のことなど、一人ひとり心配されていることをお話ししました。

保護者の皆様、台風前の雨の中お越しいただき誠にありがとうございました。

今後とも学生へのサポートを行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

後期が始まりました !!

2017年10月11日

 

20171009 01.jpg

みなさん、朝晩肌寒くなってきましたが、

いかがお過ごしでしょうか。

宮崎は、昨日は蒸し暑かったのに、

今日はすっかり秋めいています。

学内では、真っ赤なヒガンバナが

あちこちに咲いています。

 

いよいよ後期が始まり、

学生たちが戻ってきました。

 

20171009 02.jpg

直前には、前期の成績発表があり、1年生にとっては、

初めてのテスト結果でした。

ホッとしたり、ガッカリしたりもしたようですが、

ひと山越えて、学生生活にも溶け込んできました。

そして、気持ちを新たに、

それぞれの希望の資格取得のために

また歩み始めました。 

 

 

20171009 03.jpg

夏休み中に、3年生は社会福祉士の実習、

4年生は精神保健福祉士の実習を済ませました。

楽しいことも苦しいこともご迷惑をかけてしまったことも

あったようですが、学内では前期よりもシャキッとして、

ひと回り大きくなったように見えています。

実習先の指導担当者をはじめ職員の方々には、

本当に感謝しています。

 

 

これから4年生は、本格的な就活(福祉関係のピークはこれからです)と

1月末の国家試験に向けた勉強を始めます。

それ以外の学生(中には4年生もいますが)は、学園祭の準備です。

 

今年の学園祭は、11月4日(土)・5日(日)です。

お時間がありましたら、お誘いあわせの上、遊びにおいでください!!


文責:田中陽子

社会福祉実習

2017年9月17日

9/22から後期が始まります。大学は2期制ですので、前期は4月から、後期は10月(本学では1週早く)から授業開始です。

 

大学生の夏休みは1か月半ほどあるので、アルバイト、部活、ボランティア、旅行などいろいろな経験ができますが、国家試験や資格試験を受ける学生は『現場実習』を体験する時期でもあります。

 

社会福祉士の受験を目指す社会福祉学部3年生は、今年も8/16から9/19までの24日間、相談援助実習に励んでいます。
約1か月の間、社会福祉士や関係専門職に同行して、大学の座学や演習で学んだことを実際の現場で理解し、知識の構築をおこないます。
相談援助実習では、日ごろの生活に悩みや不安を抱えた方と接する場面がたくさんありますので、実習の初期段階では学生たちは戸惑いを感じるようです。実習後半は少しずつ相談援助業務の本質が理解でき、業務に魅力を感じていきます。この経験を経て、学生は「福祉専門職になりたい」という意識を確固たるものにして、卒業研究、就職活動、国家試験に臨みます。

   

IMG_1082.JPG

教員は1週間おきに学生から実習内容の報告を受けます。1週目・3週目は帰校日指導として学生が大学に戻ってきて、2週目・4週目は巡回指導として教員が実習先に訪問します。 

今週は2回目の巡回でした。写真は宮崎市内の施設で相談援助実習を体験している臨床福祉専攻介護コースの3年生です。彼女は介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスの取得を目指しています。

実習も残すところあと1週間。1か月の体験でずいぶん表情もかわり成長を感じ取れました。実習最終日にはまとめの報告会が各実習先で開催されます。実習の総仕上げとしてあと1週間頑張ってほしいです。

臨床福祉専攻 三宮基裕

学生の夏休み

2017年9月13日

介護福祉コースの稲田です。

 

今日は、九州保健福祉大学 臨床福祉学科の夏休みの様子をお知らせします。

夏休み(正式には夏季休業)は、だいたい8月のお盆前から、9月の第4週目ごろまでです(9月の最後の週から後期の開始となります)。

 

学生の様子ですが、

4年生
社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家試験のため大学に来て勉強この写真は、毎日10時から、まずは個別に問題を解き、それからグループになってみんなで解いていきます。国試の勉強は、最終的には自分との闘いですが、グループですることで、お互い刺激になったり、また、他の学生に教えるには自分がきちんと勉強していないといけないので、自分自身の勉強にもなっているようです。
この後は、大学に残って個人的に勉強したり、卒論したり、おしゃべりしたり、時々寝たり…しています。この合間に、就活で施設見学や面接等に行っているようです。


この勉強会は、介護福祉コースの清水径子先生が自主的に開催しています。

20170911-01.jpg    20170911-02.jpg

 

また、精神保健福祉士の受験資格を希望している学生は、20日間の「精神保健福祉援助実習」をしています。

 

3年生
社会福祉士の受験資格を希望している学生は、8月16日から9月19日まで、24日間の「社会福祉援助技術実習」をしています。

 

2年生
「介護福祉コース」の学生は、8月17日から9月8日まで、17日間の「介護実習」をしています。

 

1年生

大学生になってはじめての夏休み。バイト、旅行、キャンプ、家でゴロゴロ…しているのではないでしょうか?勉強してるかな?

 

いろいろな受験資格を取得するため、夏休みや春休みに実習が計画されています。どこかのCMで「資格は裏切らない」とありますが、国家資格は「一生もの」です。「休み」が少し減っても得るものは大きいと思います。

夏休みも残り少ないですが、有意義に過ごしてください。

オープンキャンパスで感じたこと

2017年9月 4日

8月27(日)に今年3回目のオープンキャンパスが開催されました。我々教員、職員、学生も朝早くから準備して、来訪者をお待ちしておりました。今回の来訪者は前回と比較して、多かったような気がします。来年の入学者の増加に期待したいものですね。

 

臨床福祉学科では「なんでも相談室」を設置し、教員、学生、OG/OBが来訪者の相談にのるようにしています。長年にわたってこの相談室をやっておりますが、この頃の高校生の変化に気が付きます。多くの高校生は、希望する学科をかなり決め打ちして来校してくれるのです。したがって相談内容も資格でどんなことをするのかとか、学生生活の状況、できるバイトなど、かなり具体的なものが多くありました。それに対して学生やOG/OBが一生懸命答えてくれていました。特に現場で活躍しているOG/OBの説明には高校生だけでなく、親をも納得させる力があり、とても助かっています。回りながら話し合いを聞いていると、良い話し合いが行われているなと実感しました。ただ、決め打ちできている高校生が多い半面、物見遊山的に相談室を訪ねて来てくれる人が少なくなってきています。したがって、大学全体の説明が終わった後に、わっと来訪者が増え、対応に追われますが、それが終わると余裕もでき、OGやOBの近況をじっくり聞けるようになります。話を聞いていると、あの学生がこんなにも立派になったのかと驚かされること頻りです。オープンキャンパスは、卒業生たちの成長を見ることが出来る良い機会にもなっています。

 

このような、現場で活躍しているOG/OBを見ていると、我々の仕事の重要性を改めて感じます。世間では福祉専門職がまだまだ少ないと騒がれていますが、我々はしっかりと社会の要請に応え得る学生を送り出しているのです。来年には、もっと多くの学生が入ってきてもらい、もっと社会に福祉分野で有用な人材を育てていかねばと、思いを新たにさせられるのもオープンキャンパスの時です。高校生のみなさんにはぜひ福祉の重要性を認識していただき、我々の学科にも注目をしてもらいたいものですね。

(文責  秋葉 敏夫)

 

20170804.jpg


 

出張オープンキャンパスin福岡 !!

2017年7月 2日

 

20170706.jpg

みなさん、全国的に梅雨ですが、

いかがお過ごしでしょうか。

宮崎は、大雨になったり、夏の日差しが出たり、

目まぐるしい感じです。

 

本学には、説明会や土曜見学会など、

大学を見るチャンスがあります。

そして、オープンキャンパスは7月と8月にありますが、

一昨年から、福岡で出張オープンキャンパスを始めました。

 

今年は6月16日でした。私も行きました。

会場では、各学科・専攻のブースがあり、

それぞれのイチオシが用意され、学科について説明したり、相談にのったりしました。

 

会場に響く「キュ~、キュ~♥」という声に惹かれて

高校生が集まってくれました。

声の主は「セラピーロボットのパロ」です。

パロはとにかくたくさん撫でてもらって、抱いてもらって

目を閉じたり、両足を動かしたり…。

 

そのほかにも、ちゃんと見ているはずなのに

騙されてしまう「人のものの見方」を

確認してもらいました。

「絶対、騙されない!」というあなた!

ぜひ、挑戦しに来てください!

 

本学でのオープンキャンパスは7月22・23日です。

パロと学生たちと一緒に皆さんをお待ちしています。

 

文責:田中陽子

介護福祉実習指導者会議

2017年6月29日

介護コースの清水です。こんにちは。

6月23日(金)に介護福祉実習指導者会議を本学で行いました。

 

 2年生から始まる介護福祉士になるための介護実習を受け入れてくださっている施設の実習指導者と教員、学生が集まり、昨年度の実習報告や今年度の実習のお願い、意見交換などをしていく場として毎年実施しています。

 

 今年度も4年生は昨年度の第3段階介護実習の報告をしました。


20170702_01.jpg


 

次に、3年生は昨年度の第1段階、第2段階の介護実習の報告をしました。


 

20170702_02.jpg


 

 

3・4年生はとても緊張していましたが、一生懸命準備をし、発表に臨みました。

 良い体験になり、また一つ成長できたのではないかと思います。

 

 2年生はこれから初めての実習に臨みます。先輩の話をメモをとりながら後ろで聞いていました。


20170702_03.jpg


 

実習指導者の皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました。

 今後ともご指導よろしくお願いいたします。

授業風景・中学生福祉体験

2017年6月 2日

こんにちは、介護福祉コースの稲田弘子です。

 今日は「介護福祉コース4年生」の「授業」や「福祉体験での説明会」の様子をご覧いただきたいと思います。

 

 「生活支援技術演習Ⅳ」の授業内容

九州保健福祉大学での介護福祉士養成は、「人を支援する」ための知識や技術の習得はもちろんのこと、人に教える、指導するといったプレゼンテーション能力向上にも力を入れています。

  今まで学生は、教員作成のチェックリストのもと「実技試験を受ける」立場でしたが、この授業では、学生自身がチェックリストを作成しています。

 

学生が作成したチェックリスト 

20170601_01.jpg

 

学生が作成したチェックリストをもとに、「課題」をチェックしていきます。

 

20170601_02.jpg

 

チェックした後、みんなでディスカッションします。

 *ベッドの端に座った状態(端座位と言います)から、ベッドの仰向け(仰臥位と言います)に寝るためには、この課題では、どのように介護すれはいいのかなど、疑問に疑問に思ったことをみんなで考えます。

 

20170601_03.jpg

 

延岡市内の中学校生への福祉体験 

一般浴の出入りの方法(写真左) 車いすの説明(写真右)

 

 

20170601_04.jpg 20170601_05.jpg 

 

 

特殊浴槽の説明(写真左) 食事の自助具の説明(写真右)

 

20170601_06.jpg 20170601_07.jpg 

 

 

中学生は、「入浴」「車いす」「食事の自助具」の3つのコースを15分ずつ説明・体験しました。なかなか好評でした。

  介護福祉コース4年生は、はじめての体験でしたので、「15分という時間の感覚がわからなく難しかった」と言っていましたが、『次からは今回体験したことで、15分という感覚がわかったので、「説明・体験時間が○○分で」と言われても、対応できるよ』という、力強いお言葉を学生からいただきました。心強い限りです。

  4年生後期では、3年生に授業をします。

  また、その様子をご報告しますね。

卒業生と新入生

2017年4月14日

 

こんにちは。

 臨床福祉専攻の貫です。

 毎年のことですが、3月19日の卒業式が終わるとぽっかり、心に穴が開いたようで寂しさを感じます。

 それは、ついこの間まで研究室隣の演習室で国家試験の勉強をしていたり、研究室に来てにぎやかに話をしていた4年ゼミ生の気配が感じられなくなったり、大学も春休みで構内が静かだからです。

 しかしそれもつかの間、入学式を終え授業が始まった今、感傷的になっていた気持ちは吹っ飛び、現実に引き戻されました。

 

今年も高校を卒業したばかりの初々しい1年生が入学してきました。

 期待と不安で胸を膨らませた学生を前にした時、多くの大学のなかから臨床福祉専攻を選択してくれたことに感謝しつつ、同時に新入生の期待に応えなければと気持ちを奮い立たせている今日この頃です。

 

臨床福祉専攻の特徴は社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格が取得できる専攻ですが、介護福祉コースを希望する場合は入学後、すぐに決定しなければなりません。

 しかし1年生で「介護福祉士」や「社会福祉士」の役割について理解している学生はあまりいないのではないでしょうか。

 そこで介護福祉コースを希望する1年生に対して先日、先輩である3年生、4年生に講義室に来てもらい介護福祉士コースを選択した動機や授業での学び、実習について、またダブルライセンス(社会福祉士も)を取得する意義等について語っていただきました。

 3年生や4年生の話を教室の後方で聞きながら、専門教科を学んだり実習を経験したりすることで学生自身もやっと資格の重みが分かって来たことを私自身も知ることができました。

 また同じ道を目指す先輩の言葉は、1年生にとって一番、説得力があったのではないでしょうか。

今後も、このような機会を設定し一人でも多くの学生に「福祉」について興味を持ってもらえたらと思います。

臨床福祉学科 貫 優美子

 

2017041401.jpg

 

 

2017041402.jpg

 

 

 

1 / 2 / 3 / 4