2012年12月

健康運動実践指導者:実技試験の講習会

2012年12月14日

今年も残り僅かになってきました.

4年生にとっては,最後の大忙しの時期です.

卒業に向けて,資格試験が目白押しなのです.

今日はその一つ,健康運動実践指導者の実技試験に向けての講習会を紹介します.

 

健康運動実践指導者の資格試験は,筆記試験と実技試験があります.

実技試験では,水中運動か陸上運動のいずれかが行われます.

指導者として動きながら,適切に指導できるかを評価されます.

 

授業でももちろん実技の勉強はしますが,受験前のエアロビクスダンスの特別講習会の模様です.

合格に向けて,これとは別に筆記試験の講習会も行われます.

エアロビ①.JPG  エアロビ②.JPG

エアロビ③.JPG  エアロビ④.JPG

みんな~,頑張れ!!

ご指導いただいた長野葉子先生,ありがとうございました!!

 

 

アスレティックトレーナーコース申請中

2012年12月 4日

スポーツ健康福祉学科では、日本体育協会公認アスレティックトレーナーの受験資格が取得できるコースの申請を行いました。

年明けの日本体育協会の実地視察、3月の認可を目指して準備を進めています。平成25年4月入学生から養成開始予定です。

合格率約10%の超難関資格ですが、宮崎県内のスポーツドクター、アスレティックトレーナーの方々のご協力を得て、医・科学的なエビデンスに基づいた教育を行い、現場で求められるアスレティックトレーナー養成を目指します。

新設する鍼灸健康福祉コースだけでなく、従来のコースでも受講できます。

○はり師・きゅう師+アスレティックトレーナー

○健康運動指導者+アスレティックトレーナー

○中学・高校保健体育教員+アスレティックトレーナー

が本学科で取得できる主要資格との組み合わせです。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーは、主に競技者を対象としていますが、修得した知識や技術は生活習慣病予防や有疾患者に対する運動指導においても活用でき、個々人の能力や適性等に応じたスポーツ活動や健康・体力づくりの分野でも活躍が期待されています。本学科で学ぶ福祉・健康運動の知識と技術を組み合わせることによって、より幅広い視野と知識・技術を持ったアスレティックトレーナーを養成することが可能になります。

高き理想と志を持った“あなた”をお待ちしています。