キャンプ実習-1日目-

2018年9月26日

1日目 9月4日(月)

今年もスポーツ実習Ⅷ(野外スポーツ)、通称スポ科キャンプ実習が行われました。

天候は、晴れのようですが……。台風接近に伴い実習自体も危ぶまれましたが、なんとか実施の方向で……。

DSC08815.JPG DSC08823.JPG

 

先ずは、入村式をむかばき青少年自然の家の職員の方(本学卒業生、スポ科の先輩です!)の挨拶とともに行われました。その後は、深夜からの台風対策で安全のもとテントを室内に設置しました。

DSC08829.JPG DSC08828.JPG

DSC08835.JPG DSC08833.JPG

 

最初のプログラムはマスつかみです。

まだ天候も良く、冷たい沢の中でマスを追い込み、手でつかむという普段ではなかなかでない体験です!

DSC08846.JPG DSC08847.JPG

DSC08862.JPG DSC08859.JPG  

DSC08850.JPG DSC08863.JPG


しかも、自ら取ったマスを割りばし2本で上手くさばき、塩焼きにして食べるという、なんとも贅沢な内容です。

初めは学生も戸惑っていましたが、自ら捕獲したマスをさばき、命のありがたみを感じながら美味しく頂いていました。

DSC08877.JPG DSC08878.JPG

DSC08872.JPG DSC08883.JPG

DSC08918.JPG



初日の夕食づくりでは、初めての野外炊飯ということもあり、まずは薪に火をつけることに大苦戦していました。
また、火がついても火の調節がうまくいかず、煙と炎の大きさに四苦八苦していました。

DSC08902.JPG DSC08911.JPG

DSC08913.JPG DSC08919.JPG

DSC08921.JPG DSC08915.JPG

DSC08924.JPG DSC08931.JPG

DSC08934.JPG DSC08922.JPG


時間はかかったものの、何とか最初の食事は完成しましたが……笑顔とは裏腹に、味の方は……(笑)

夜には強風の影響でなかなか寝付けなかった学生もいるようですが、スマホのない生活は学生にとって新鮮でもあったようです。

 

 

 

-----つづく

 

 

文責:山本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 前へ>> 次へ