延岡学園弓道部でのトレーナー活動(アスレティックトレーニング部)

2019年3月22日

こんにちは。

アスレティックトレーニング部4年の鈴木和です。

 

私は現場実習で延岡学園高等学校弓道部を約2年間担当していました。主な活動としては、トレーニング指導でしたが、高校生に対してわかりやすく伝えるためにいろいろと工夫が必要であり、自分自身とてもためになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、指導者の立場で生徒一人一人に向き合ったことや監督や外部の人に対する気配りに関しては考えさせられることも多く、大変でしたが非常にやりがいのある活動でした。

 

 

 

 

 

現場実習はトレーナーとしての必要な知識を習得するだけでなく、トレーナーとしての指導の難しさやどうすれば自分の言いたいことを上手に伝えることができるのかを考えることが重要であると感じました。

 

 

 

 

 

 

 

私が心に残っていることは、たくさんありますが、気さくに接してくれた生徒の皆さんやいろいろと悩んでいた私のことを気にかけてくださった顧問の先生方と接することができたことは一番の思い出ですし、非常に感謝しています。インターハイで日本一になった時には自分のことのように本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

 

現場実習最終日にはわざわざ私のために貴重な練習時間を割いていただき、生徒の皆さんから色紙と温かい言葉を頂いて、本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。ここで学んだことを胸に、4月からの新たなステージで頑張りたいと思います。弓道部の先生方、生徒の皆さん、2年間ありがとうございました。

 

 

 

<< 前へ>> 次へ