高校バドミントン部でのトレーナー活動(アスレティックトレーニング部)

2019年4月11日

こんにちは。

アスレティックトレーニング部3年の山口真琴です。

先月の3/27~29日は、聖心ウルスラ学園高校で行われたバドミントン部の合宿にアスレティックトレーニング部から5名が参加してきました!

 

 

 

 

 

聖心ウルスラ学園高校での合宿に参加するのは2回目で、今回は約60名の選手が集まったため、普段の部活とは全く違う経験をすることができました。

 

 

 

 

 

主な活動内容として、急性外傷への応急処置や、普段の練習から抱える痛みを訴える選手に対して原因を考えたり、筋肉のタイトネステストを行いそれに応じたストレッチングやテーピングを指導しました。

5人で帯同したことで、お互いの知識を共有しあいながら選手の状況に応じた対応が出来たと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

合宿の2日目は砂浜でのトレーニングメニューを考え、ダッシュ系・ジャンプ系のトレーニングの中に、遊び感覚でできるものを混ぜながら、指導する側も状況に応じて厳しく、そして楽しく指導することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーピングを行った中には、「このテーピングをしていると楽なので、仕方を教えてください」という選手もおり、自分たちの成長をわずかながら感じることができた合宿でした。

 

 








このような機会を与えてくださった、先生方、関係者の皆さま、ありがとうございました。次回はさらに良いサポートができるように普段の活動からまた頑張りたいと思います!

 

<< 前へ>> 次へ