2019キャンプ実習①

2019年10月16日

1日目 9月2日(月)

今年もスポーツ実習Ⅷ(野外スポーツ)、スポ科キャンプ実習が行われました。

天候は、晴れ!!例年になく天気に恵まれました!

今年は履修者が少なく、20名での実習となりましたが、学生がそれぞれいろんな役割をはたしていました。

2019-9-2-2.png 2019-9-2-3.png

 

入村式では、むかばき青少年自然の家の職員の方(本学卒業生、スポ科の先輩です!)の挨拶とともに実習スタート。

DSC00369.JPG

 

 

最初のプログラムはマスつかみです。

DSC00433.JPG DSC00447.JPG

DSC00448.JPG DSC00456.JPG

天候も良く、冷たい沢の中でマスを追い込み、手でつかむという普段ではなかなかできない体験です!

 

しかも、取ったマスを自ら割りばし2本で上手くさばき、塩焼きにして食べるという、なんとも贅沢な内容です。

初めは学生も戸惑っていましたが、自ら捕獲したマスをさばき、命のありがたみを感じながら美味しく頂いていました。

DSC00485.JPG DSC00488.JPG

DSC00487.JPG DSC00499.JPG

 

初日の夕食づくりでは、初めての野外炊飯ということもあり、まずは薪に火をつけることに大苦戦していました。

与えられたマッチは5本、火がついても火の調節がうまくいかず、煙と炎の大きさに四苦八苦していました。

DSC00503.JPG DSC00490.JPG

DSC00514.JPG DSC00507.JPG

 

時間はかかったものの、何とか最初の食事は完成しました!飯盒炊飯が例年になく上出来でした。

DSC00517.JPG DSC00519.JPG

DSC00520.JPG DSC00521.JPG

 

夜には2つ目のプログラムで天体観測。

今年は天気も良く、土星や木星も見ることができ、改めて科学の素晴らしさと自然の雄大さを感じました。

2019-9-2-1.png

 

 

 

つづく・・・

 

(文責:山本)

 

 

 

 

<< 前へ>> 次へ