CONTENTS 九州保健福祉大学【学外連携推進】
 
産学官連携
 
地域連携
 
特色ある連携事業
 
 
 
知の時代
 
1.産学官連携活動に対する考え方
 
本学における全ての産学官連携活動は、「九州保健福祉大学産学官連携ポリシー」に基づいて、教育・研究を活性化させ、本学がその活動において社会の信頼を得つつ発展するための有益な手段であると考えています。 したがって、多様な産学官連携事業に対して、本学が社会的使命を果たす上で不可欠な課題として、学術研究の進展の重要なプロセスとして、主体的、組織的に関わっていく方針です。また、産官学連携は、本学の使命としての教育、研究の成果を地域社会、国際協力に活かすための一形態であり、公的な教育・研究機関として、産学官連携を通じた研究成果等の社会還元を進め、本学の存在理由を明らかにしていくことを目標としています。
 
2.産学官連携活動
 
(1) 知的財産の一元的管理・活用体制「ワンストップ窓口」としての活動
(2) 企業、国・自治体、大学との共同研究、受託研究など研究面での活動
(3) TLOとの連携での特許申請、大学の研究成果に関する技術移転活動
(4) 専門的知識の供与・技術指導など研究者によるコンサルタント活動
(5) 大学の研究成果や人的資源等に基づいた起業支援
 
3.活動体系図
 
活動体系図
 
▲ PAGE TOP
 
 
 
学校法人 高梁学園 九州保健福祉大学   学外連携推進担当 TEL(0982)23-5715 FAX(0982)23-5530
Copyright(C) 2005 Kyushu University of Health and Welfare. All Rights Reserved.
〒882-8508 延岡市吉野町1714-1