NEWS

イベント情報

臨床工学科が中学校生徒を対象に災害医療の体験を実施しました

更新日:2019年11月06日

   九州保健福祉大学では広域大災害時の「広域搬送点臨時医療施設」として、臨床工学科を中心にDMAT(医療支援チーム)の訓練を受け入れています。

このたび、延岡市立旭中学校の防災教育の一環として、日本災害医学会学生部会(Disaster Medical Student:DMAS)の中学生体験型としてプログラムを準備し体験を実施しました。

当日は約70名の生徒を対象に概要説明、バイタルサインの説明などを行ったのちに「血液測定と脈波計測」「胸骨圧迫と人工呼吸」「酸素飽和度測定」などを実施しました。

※日本災害医学会学生部会・・・大学ごとに組織され、その集合体をDMASと呼び大学生が出来る支援を提供する。

   旭中学校04旭中学校06

旭中学校20旭中学校07

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 新着情報 > イベント > 臨床工学科が中学校生徒を対象に災害医療の体験を実施しました