大学概要

順正学園 理事長挨拶

学校法人順正学園九州保健福祉大学理事長・総長 加計美也子

近年の少子超高齢化と福祉制度の問題は深刻であり、医療・保健・福祉の高度な教育を行い、人材を育成していくことは急務といえます。時代の要請に伴い、九州保健福祉大学は社会福祉学部、保健科学部、薬学部、通信教育部社会福祉学部、大学院(医療薬学研究科、通信制 社会福祉学研究科、通信制 保健科学研究科)を設置する総合大学として延岡市との公私協力方式により誕生しております。地域に開かれた大学として公開講座や聴講制度、大学施設の開放、QOL研究機構を中心とした産学官共同研究などを積極的に進め、地域と共に国際社会に貢献できる人材の育成に取り組んでおります。

そして、平成27年より開設しました生命医科学部は、九州の四年制大学で初めて臨床検査技師と細胞検査士のダブルライセンス取得が可能となっており、卒業後も医療分野で幅広い活躍が期待されています。

開学時より「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する。」という順正学園の建学の理念のもと、日々、教育を実践しており、常に学部・学科構成の拡充を図り、包括的な学問を提供できる教育環境を整えています。

九州保健福祉大学にご入学され、建学の理念を実践する教育を受けられた皆さんが、これからの医療・保健・福祉を支えていく人材になられることを期待しております。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら