大学概要

学長あいさつ

九州保健福祉大学は、開設の目的として第1条に、「国際化社会に向けて、介護・福祉・医療・薬学に関する理論及び社会の問題を教育研究し、応用能力を持つ人格を陶冶することを目的とする」とかかげており、具体的には「学生一人ひとりの持つ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する」ことです。そのための教育環境として、優れた教職員の配置と一流の教育実習設備を有しています。卒業後には多くの学生が国家資格を取得し医療・保健・福祉などの施設で指導的な立場で活躍しています。また、大学院を併設しており、学部卒業後、あるいは社会人としての経験を経て自己のスキルアップを目的として大学院に進学する門戸も開いております。

本学は、宮崎県および延岡市との公私協力方式により創設された地域密着型大学であり、地域社会の学術や文化活動など生涯学習の拠点の役割も担っております。「東九州メディカルバレー構想」、「延岡メディカルタウン構想」などの産学官共同事業は高く評価されています。また、「市民公開講座」、「のべおか市民大学院」「地域QOL推進マネージャー養成講座」など地域の人々との交流が特記すべき事項でしょう。

この静かな環境のもとで、勉学に励み、友と語らい、多くの人との交流を重ねて専門領域のプロとしての知識を蓄え、信頼され得るヒトとして成長し、地域のみならず、国内や世界に飛び立ち、指導的立場で活躍できる人物になられることを期待します。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 大学概要 > 学長あいさつ