臨床工学科

チーム医療のメカニック担当

人工心肺をはじめとする生命維持装置を操作し、手術室や集中治療室などで活躍することができる高度先進医療に通じた臨床工学技士を養成します。

臨床工学科 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

学位授与方針

臨床工学科を卒業するにあたっては、医療者である前にまず人間としての倫理を備えていることが必要です。すなわち、患者さまと十分な会話が可能であるとともに、臨床工学の立場から医療を見ることができ、かつ、組織の一員として適切に行動する学生に対して修了を認定し、学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー

教育課程の編成・実施方針

臨床工学科では、臨床工学技士として自ら考え、行動できる責任と実行力を備えた人材育成を目指しています。そのため、臨床工学技士としての技術、知識の習得の他、日常における挨拶に加えて、組織内でのコミュニケーション・スキルである報告・連絡・相談が常にできることを目的としてカリキュラムが構成されています。

アドミッション・ポリシー

入学者受入れ方針について

臨床工学技士は高度な医療機器、とくに生命維持管理装置を駆使して治療が円滑に行えるよう、その操作および保守点検を行う国家資格です。今や医療は、医師、看護師、診療放射線技師などの医療従事者と綿密な連携を取りながらチームワークで行うことが必須となっていますので、単に専門である臨床工学の知識を身につけるだけではなく、人と人が信頼関係を築き、充分なコミュニケーションを保つことも必要です。業務内容は、血液透析、人工心肺、人工呼吸器、高気圧酸素などの生命維持管理装置およびこれに関連する医療機器の操作や保守点検、管理です。生命を直接左右する重要な機器を扱いますので、責任感と行動力も不可欠です。本学科では総合的に判断し、臨床に耐えうる人物を受け入れます。

求める人物像

  1. 慢性疾患患者さん、とくに高齢者に対するコミュニケーション能力を向上させたい人
  2. 医療とともに科学全般に興味を持っている人
  3. どんなことにも果敢にチャレンジし、努力を継続できる人

学んできてほしいこと

数学と物理は必須ですが、高校で物理を履修していない場合は、入学前教育で学習し、基本的なことは習得してきてください。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら