臨床工学科

チーム医療のメカニック担当

先輩の学びライフ

臨床工学科4年
阿南 俊輝 さん
竹田高等学校(大分県)出身

目標は最先端の医療機器を使い、かけがえのない命を守る臨床工学技士になることです。
具体的には卒業後、高度先進医療に取り組む大学病院の手術室や集中治療室での人工心肺操作に携わりたいと思っています。
そのための勉強は医学系から物理や電気・電子に関する工学系まで幅広いのですが、学ぶほどに新たな知識が増える楽しさが感じられます。
今後も充実した実習施設を大いに活用、スキルアップに励み続ける覚悟です。

臨床工学科4年
元村 安梨沙 さん
玉名高等学校(熊本県)出身

物理が得意で電気系に苦手意識がないという強みが活かせる医療職を模索し、生命維持装置の操作や保守・点検を担う臨床工学技士をめざすことに決めました。
また、看護師をしている母が「女性の臨床工学技士は多くないため、女性の視点を活かせば活躍の場も広がる」とアドバイスしてくれ、学ぶ意欲も高まりました。
卒業後は東京などの総合病院に勤めてスキルを高め、やがては故郷・熊本の地域医療に貢献したいと思っています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら