臨床工学科

チーム医療のメカニック担当

先輩の学びライフ

臨床工学科3年 片白 裕人さん
臨床工学科3年
片白 裕人さん
加治木高等学校(鹿児島県)出身

かけがえのない命を守る医療機器に関する高度な技能を備え、医師をサポートする臨床工学技士になるのが目標。高度先進医療に取り組む大学病院に勤め、手術室の人工心肺業務に就きたいと思っています。それには医学から機械工学、電気・電子に至る幅広い知識を必要とされますが、先生方の熱心な指導のおかげで着実に成長できています。今はチーム医療での活躍に向けて、コミュニケーション能力の向上を自身に課しています。

臨床工学科3年 冨永 彩織さん
臨床工学科3年
冨永 彩織さん
小林高等学校(宮崎県)出身

入学当初は電気・電子系の科目に苦手意識がありましたが、先生方が物理を基礎から教え直してくださり、今は得意になりました。また、病院同様の設備を活かした実習室での訓練を通じ、医師や看護師と連携する臨床工学技士に必要不可欠な“協調性”が養えているのも心強い限りです。卒業後は大学病院に勤務、最先端の医療を臨床で学び続け、やがては人工呼吸器のスペシャリストとなり、そのスキルを集中治療室で発揮したいと思っています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら