言語聴覚療法学科

コミュニケーション障がいへの支援

教員紹介

st_te_st01

本学科は、国家資格である言語時覚士の養成を目的としています。カリキュラムは、講義や演習、実習を通じて言語聴覚士に必要な知識技術を習得できるように、1年次から4年次まで系統的に配慮されています。また、他の医療福祉の専門職と言語聴覚士の役割と関係性、地域の施設との連携などについても学び、卒業後、就職してすぐに自立できるように、きめ細かく実践的な指導が特徴です。

教員一覧

職名 氏名 主な担当科目
教授 倉内 紀子 聴覚障害演習、聴覚検査演習
長嶋 比奈美 言語発達障害、臨床実習
中村 真理子 臨床歯科医学、嚥下障害学
原 修一 失語症、スピーチリハビリテーション、嚥下障害演習、臨床実習
准教授 松山 光生 生涯発達心理学、言語聴覚障害家族支援演習
講師 戸高 翼 聴覚検査演習、臨床実習
太田 栄次 言語学、音声学
内藤 健一 臨床心理学、学習・認知心理学

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら