作業療法学科

リハビリの専門職

先輩の学びライフ

作業療法学科3年
尾崎 希 さん
延岡高等学校(宮崎県)出身

“おてんば”だった子どもの頃、木から落ちて骨折したとき、リハビリを優しく手伝ってくださったのが作業療法士の方でした。その記憶が進路選択時に蘇り、今は作業療法士をめざして学んでいます。
解剖学や生理学など、難しい科目も多いのですが、まったく新しい知識が増えるうれしさもいっぱいです。レクリエーションのスキルも身につけ、楽しく支援してあげられる作業療法士という目標に向かって、今後も笑顔を欠かさず頑張ります!!

作業療法学科2年
加藤 諒輔 さん
延岡高等学校(宮崎県)出身

医療系の国家資格を取得したいと考え、硬式野球の経験が活かせると感じた作業療法士を選びました。しかし高校では文系だったこともあり、当初は基礎医学の勉強に苦労しましたが、先生方の熱心な指導のおかげで、今は楽しく学べています。
まだ先のことですが、卒業後の目標は地元・延岡の総合病院に勤め、地域医療に貢献すること。九保大の保健科学部では他学科の学生と“チーム医療”を疑似体験できるので、とても心強く思っています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら