視機能療法学科

「みる」「みえる」幸せをプロデュース

高まり続ける社会のニーズと期待に応え、先進の眼科治療から“視能の健康管理”まで広く担える多様なスキルと豊かな人間性もつ視能訓練士を養成します。

視機能療法学科 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

学位授与方針

医療人としての豊かな人間性、科学的な思考基盤及び基礎的学力、視能訓練士としての倫理観、臨床現場での視能訓練士業務内容に対応した知識・技能・態度を充分に身につけることができた学生は、修了が認定されるとともに学位が授与されます。

カリキュラム・ポリシー

教育課程の編成・実施方針

本学の建学の理念「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し、引き伸ばし社会に有為な人材を養成する」に基づき、医療人として必要な倫理観と科学的な思考基盤の修得に加えて、視能訓練士の臨床現場をイメージした実習と実際の臨床体験を通して、視能訓練士業務の実践に必要な専門知識・技能・態度を身につけることを目的にカリキュラムが構成されています。

アドミッション・ポリシー

入学者受入れ方針について

「みる」「みえる」ことに障がいをもつ一人ひとりの視覚機能を最大限にひき出しひき伸ばすことができる高度な専門知識と医療技術を身につけ、チーム医療に貢献できる人間性豊かな視能訓練士を養成することを目的としています。「みる」「みえる」ことに興味があり、医療・保健分野で活躍したいという熱意のある人材を広く求めます。

求める人物像

  1. 「みる」「みえる」ことに興味があり、その支援のための専門知識と「みる」「みえる」機能の評価に関する技能を学びたい人
  2. こどもから高齢者まであらゆる人に対するコミュニケーション能力を向上させたい人
  3. 人を思いやり、お互いに共感できる豊かな心を養いたいと考えている人
  4. 医療・保健分野で専門職業人として社会に貢献したい人

学んできてほしいこと

視機能療法学科では、医療・保健分野で活躍する視能訓練士を養成しています。高等学校においては、理系文系は問いませんが、主体的に学習すること、他者と協調して物事に取り組むことを身につけてきて欲しいと考えています。そして視能訓練士が対象とするのは「人」であるため、何よりも健やかな心身を養っておくことが重要と考えています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら