視機能療法学科

「みる」「みえる」幸せをプロデュース

卒業後の進路

  • 視能訓練士になる。
  • 眼のスペシャリストになる。
  • 眼科領域で活躍する。

主な就職先・進学先

  • 大学病院
  • 総合病院
  • 唐津赤十字病院
  • 宮崎中央眼科病院
  • 宮田眼科病院 ほか多数

伸び続ける求人数、安定した就職実績!

視機能療法学科には、全国から求人の募集があります。求人数は増加傾向にあり、平成23年度では、学生数に対して求人の倍率は6倍となっています。
また、就職を希望した学生の就職率は100%であり、卒業生は北海道から沖縄まで全国で活躍しています。

視能訓練士(国家資格)の仕事内容は?

視能訓練士(国家資格)は、視覚機能のプロフェッショナルとして、「みる」「みえる」こと(視能)を高度な専門性と豊かな人間性で支援する医療専門職です。

視能訓練士の95%以上は、眼科で活躍しています。視能訓練士は、眼科において、その専門知識、技術を駆使して、視力、屈折異常(遠視、近視、乱視)、見える広さ(視野)や網膜の構造・機能など、眼や脳の構造、機能を様々な角度から検査しています。

快適な眼鏡やコンタクトレンズの度数、設計を考えるのも視能訓練士の仕事です。その他にも、視能矯正をはじめ、乳幼児健診、生活習慣病検診、低視力者(児)の視覚補助具の選定等を行っています。
高齢社会、超情報社会の今、視能訓練士の社会ニーズはますます高まっています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら