視機能療法学科

「みる」「みえる」幸せをプロデュース

先輩の学びライフ

視機能療法学科4年
西本 綾子 さん
都城西高等学校(宮崎県)出身

中学生の頃からコンタクトレンズの処方を受けるために眼科に通っており、お世話になっていた視能訓練士を目指すことにしました。
それで九保大の視機能療法学科に進学、講義内容は思っていた以上に高度でしたが、視機能と脳神経の密接な関係をはじめ、医学関連の知識が増える楽しさを実感しています。
また、視能訓練士へのニーズは全国的にも高く、最先端の眼科治療に取り組む大学病院に勤務し、チーム医療の一員になるという目標も見えてきました。

視機能療法学科4年
牧草 雄大 さん
都城西高等学校(宮崎県)出身

国立大が目標だった時期もありましたが、医療系の国家資格が取得できる九保大を選びました。
視能訓練士になろうと考えたのは、“よく見える”よろこびを人々に提供できるからに他なりません。
勉強は細かな視神経に関する科目をはじめ、専門的で難易度も高いのですが、視能訓練士の職務を思えば当然と感じます。
今は眼底カメラのエキスパートをめざしており、全国各地の病院から大学に届く求人票をチェックしつつ、自身の将来をイメージしています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら