生命医科学部生命医科学科

がん撲滅のスペシャリスト

学科の特徴

細胞検査士とは

がんなどの疾患を顕微鏡を用い、細胞レベルで検査する医療専門職です。日本臨床細胞学会が認定する試験に合格することで、資格が取得できます。受験資格を得るには、臨床検査技師を取得後、細胞診業務に1年以上従事するか、大学などで専門教育を受ける必要がありますが、本学では在学中に受験できます。なお、細胞検査士取得後、国際細胞学会の資格認定試験に合格することで、国際細胞検査士として世界中で活躍できます。

臨床検査技師とは

血液の成分分析や微生物検査、さらに心電図をはじめとする生理検査を病院などで行う医療専門職です。 国家試験に合格することで、資格を取得できます。

医療技術の急速な発展に伴い各種検査にもさらなる技術革新が求められ、疾患の早期発見に貢献する人材が医療現場で必要とされています。

細胞検査士になるには

九州の四年制大学で初めて、臨床検査技師・細胞検査士の同時取得が可能。

九州保健福祉大学の「生命医科学部 生命医科学科」は、臨床検査技師国家試験資格はもちろんのこと、九州・沖縄の四年生大学としては初めて、細胞検査士認定試験受験資格も同時取得が可能なカリキュラムを用意しています。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

生命に対する深い関心と確かな倫理観を培うことを基盤とした豊かな人間性を有し、臨床検査技師及び癌診断のスペシャリストである細胞検査士として、さらには疾患治療基盤の確立を思考する優れた医療人の養成を目的とする。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら